同人 > ノラネコノタマ > 籠鳥シリーズ > 籠の中の小鳥は何時出遣る 参

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年09月01日
シリーズ名籠鳥シリーズ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

オリジナル「籠鳥」シリーズ第3弾。長い悪夢の末、ようやく訪れた幸せ。今回はそんなハッピーなお話です。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ081873
ファイル名/ファイル容量
RJ081873.zip / 6.8MB (7130127Byte)

籠の中の小鳥は何時出遣る 参の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「籠の中の小鳥は何時出遣る 参」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!【今も】救出した不幸淫乱ロリを、大義名分ありで中出し【主菜】

2015年08月04日  

このレビューは参考になった×0人

販売開始からもうじき4周年を迎える今でも、筆者の中では主力を張っている褐色ロリ中出しです。

青年により強制売春の日々から救い出されたヒロインですが長い間開発された彼女の身体は淫乱化しており、性欲の鎮静を図ると言う大義名分付きの浴衣半脱ぎ中出しエッチが見られます。

何と言ってもヒロインが積極的で幸せそうなのが特徴。前2作(RJ075971・RJ078813)の陵辱・強制展開とは対照的です。

膣内表現ではありがちの平面的な断面図にとどまらず
サンプル画像をご覧の通り、ペニスに密着する子宮及び卵管や卵巣を立体的に描いておりとてもエロいです。
また、後背位の場面でのヒロインのお尻に刻まれたタトゥーも、彼女の以前の境遇を再認識させた上で劣情を催してくれます。

青年視点でロリ娘を犯す罪悪感の描写と彼女の淫らな状況説明がなされているのも手伝い、使命感と背徳感と充足感溢れるラブラブエッチとなっております。

孕ませ好きとしては嬉しい結末も良し。欲を言えばボテ腹エッチも見たかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ハッピーエンド!!

2012年07月26日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

前作で、ついに地獄から救い出された褐色ロリ少女の物語の最終話です。
娼館を出た少女ですが、すでに家族も家も残されてはいませんでした。なので少女を助け出した日本人の商社マンに連れられて日本で生活することに……。
最後は待ちに待ったハッピーエンド!! 大満足です!!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!薄幸褐色少女かわいい。

2011年09月05日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

アジア系の薄幸な褐色少女とアレコレする最終話です。
少女の表情がエロく、シチュエーションもgood。
前2作は暗い展開ですが、今回はラブラブです。陵辱系が好きな方は前2作を手にとってみてもいいでしょう。
毎回のことですが、咥え始める瞬間の口元のエロさが際立っています。口奉仕自体は少なめなので、その点は惜しいですが、それでも買いです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]