>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

日中は、リディヤは普通の可愛い女子大生である。

彼女は要求された時だけ、致命的な“暗殺傭兵”に変わる。

彼女はエリートの暗殺者に必要な致死の才能に武装されている。

もちろん、彼女は決して安くない。彼女を雇うためには百万ドル以上かかる..

内部の者達は、彼女を“毒アイビー”と呼ぶ..

“彼女は毒アイビー。 おまえは彼女の致死性と共に生きるより彼女の美しさによって死ぬことを選ぶのか。”

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

リディヤはどうやら簡単な任務にして行った。 目標の工場を潜入し、極秘文書を盗むし、そして目標人物を暗殺することを指示された。

たけど、罠に誘われたかのように、意外に大量の敵に遭遇しまった。

リディアの唯一の脱出方は、血まみれの行く手を戦って開くだけだ... 逃げ出しできなければ、彼女は悪夢よりもっと怖い無間地獄に落ちって行くそうだ。

この製品は音楽とサウンド、そしてボイス(Fionaのみ)を使用したタイピングゲームと合計100+枚エロ3DCGのギャラリーがあります。

ギャラリーをアンロックするパスワードは八月中にK.R.C.Studioのブログでは公開するのは預定です。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ081219
ファイル名/ファイル容量
RJ081219.zip / 134.37MB (140902314Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「典麗な暗殺者リディヤ 第二話:潜入、不完全」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件