>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ 【 物 語 】

#01『絵筆』
転校生のあなたは、用あって生徒会室へと赴きました。
そこには麗しい黒髪の生徒会長であり、美術部部長である鷹野ユキがあなたを待っていました。
「ちょっとアルバイトを頼めないかしら?」
美少女から頼まれたアルバイトはデッサンのモデル役でした。
簡単そうに思えた仕事ですが、あなたはじっとしていられるでしょうか……?

#02『秘書課のカノジョ』
いつものように会社へ向う途中、あなたは女性に声をかけられます。
その女性は、あなたの憧れの秘書課の女性・美咲優子(みさきゆうこ)でした。
普段なら舞い上がるほど嬉しくなるあなたですが、今日は彼女と眼を合わせることができません。
実は昨日、あなたは彼女の秘密を見てしまったのです。
その秘密とはいわゆる不倫……不覚にもその光景がエロ過ぎて、今朝は何度もオナニーをして自分を鎮めてきたところでした。
そんな彼女から後で資料室に来て欲しいと頼まれるのですが……。


■ 【 概 要 】

ショートボイスドラマ「黒髪の誘惑」シリーズ4部作のうち、1作目と2作目に当たります。
小説サイト・欲望の塔にある短編『絵筆』と『秘書課のカノジョ』をボイスドラマ化しました。



■ 【 製作スタッフ 】

#01『絵筆』

鷹野由紀 役
ボイス :誠樹ふぁん  http://phan.itigo.jp/yuuki_000/

イラスト:じゃんぽ〜る http://jeanpaul.ko-me.com/


#02『秘書課のカノジョ』

美咲優子 役
ボイス :長月あいり http://airi-utatane.sakura.ne.jp/

イラスト:絵助 http://rorinyanko.blog84.fc2.com/


※どちらのシナリオにも実用的な画像が添付されています
※効果音の有り無しが選べます

作品情報/動作環境

作品番号
RJ081038
ファイル名/ファイル容量
RJ081038.zip / 49.18MB (51573714Byte)

黒髪の誘惑 #01~#02の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「黒髪の誘惑 #01~#02」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!女性に誘惑され堕とされる

2011年08月31日  退会 さん

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

女性上位、男性受け身な作品を作られているサークル・欲望の塔さんの音声作品です。
2本お話が入っており、どちらも同サークルさんで掲載されている小説を音声化したものになっています。

「絵筆」は彼女が居ることを知りながら先輩が主人公を奪おうと誘惑してくる、
「秘書課のカノジョ」は情事を見られた職場の憧れの女性が口封じに迫ってくるという内容で、
いずれも痛みを伴うような厳しい責めではなく、快楽によって女性が男性を虜にし、堕としてしまうという内容です。
ですので、受け身好きな方や痛みよりも精神的に屈服したいMな方にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]