同人 > peachpulsar > 遠いきらめき

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年07月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

互いに惹かれキスを交わしながらも、恋人未満な女の子ふたり。彼女たちの危うい関係が変わってゆく時……。切なくてラブな百合漫画。

2010年12月31日に発行した同人誌のDL版です。

全36P(漫画本文32P)
jpeg&PDF

作品情報/動作環境

作品番号
RJ080714
ファイル名/ファイル容量
RJ080714.zip / 83.46MB (87512261Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「遠いきらめき」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

百合(3) レズ/女同士(2)

おすすめ!とてもキレイです。

2015年04月21日  

このレビューは参考になった×1人

あんまり切なくて、泣いてしまいました。絵がとても手書きっぽくて、だから心象風景とあってて、それがよけいせつなくさせてくれて、とても良かったです。エッチシーンもくどくなくて
優しく描いてあるので、それでよけい気持ちが伝わってきました。
ユーカのきもちの描写が痛いほど共感できて、悲しくて、つらくて、だからラスト、ホントに嬉しくなりました。
こういう作品もっと読みたいです。
どこにどうアクセスしたら良いんでしょう?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

王道百合

2014年11月04日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

王道百合で、無理なく性描写に繋げています。
言葉で伝えることに恐れ、友達同士なのにキスをする曖昧な関係。
しかしそんな関係も長くは続かず。
崩れかけた二人の関係を変える言葉は、、、
曖昧で不安定で、それでいてキレイな、非常に百合らしい作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

友達から恋人へ変わる時

2013年07月31日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

恋人未満なのにキスはいっぱいしていた。
それはきっと好きという言葉の代わりな気がする。

でも、それじゃダメだった。
きちんと言葉にして伝えたら変われた。

友だちから恋人へと

切なさからの甘く蕩ける百合でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!切なくも甘いガールズラブ

2011年07月31日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

「好き」という言葉が言えないまま、友達でも恋人でもない
曖昧な関係を続けていたユーカとるな。
心に秘めた想いは同じなのに、好きという言葉が言えなくて
些細な出来事からすれ違ってしまう。

近すぎるからこそ互いの気持ちが解らない。
揺れ動く繊細な心情を見事に表現していると思う。

特に秀逸だと感じたのはユーカがるなに告白するシーン。
距離を置いて以来、るなの存在が日ごとに膨らんでいき、
耐えられなくなって、不意に零れた「好き」の言葉には、
胸を締め付けられるような思いだった。

ユーカが素直になったことで、るなも隠していた想いを
打ち明け、最後は甘々ラブラブで締め括られるものの、
短編ながらも起承転結が綺麗にまとまった作品である。

可能ならば後日談が読んでみたいところ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]