({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 蟻々屋フォローする
販売日 2011年04月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
168.6MB

作品内容

それは不意に訪れたアクシデント。

ある日、いつものように電車に乗っていると、女子校生、
藤堂美有里(とうどう みゆり)が、眉間にしわを寄せ、立ちふさがった。

『今、アタシのお尻触ったでしょ?ぬるりと』

とんだ誤解から、この娘の玩具になることを、半ば強制的に約束させられてしまうことに。

女子校生の玩具になって、電車内で行われる恥辱の数々。
小生意気な美有里がエロ萌え全開で、抜き抜きしてくれちゃいます。

【作品内容】
第1章『オープニング』
女子高生、藤堂美有里に痴漢に間違えられた挙句、
しばらくの間、美有里の玩具になることを無理やり約束させられてしまう。

第2章『手コキ編』
命ぜられるままに電車に乗り込んだアナタを待っていたのは、手コキと言葉攻めの洗礼だった。
電車という閉鎖空間の中で、いやがおうにも興奮は高まっていく。

第3章『素股編』
思わぬ急ブレーキで、美有里と密着状態になってしまう。
太ももとショーツの魅惑のトライアングルゾーンをペニスで擦り上げ、カウパー汁を塗りたくる。

第4章『フェラチオ編』
美有里の口の中にペニスが優しく包まれる。
とろけそうなほどの快楽で、たまらず口内射精。

第5章『命令オナニー&本番エッチ編』
機嫌の悪い美有里にナプキンを使ってのオナニーを命じられる。
女の子の聖域を精液で犯す背徳感にリビドー全開。そして、ついに挿入エッチ!

第6章『エンディング』
美有里から明かされる、真実とは…。

【おまけ】
・美有里にひたすら、バカと言われ続けるボイス
・美有里にひたすら、スキと言われ続けるボイス
・SS小説『一日遅れのバレンタインで』
・ディレクターズカット版ヌキボイス

【その他】
本編:約80分(SE有りVerとSE無しVerの2タイプ)
本編台本同梱
体験版:約10分

CV・キャラクターイラスト:犬飼あお
シナリオ:葉上伊遊

CMボイス、サンプルボイスは蟻々屋ホームページにあります。
まずは、体験版をどうぞ。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「快楽急行上り1番線~アタシの玩具になりなさい~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!JKのいいなり!

2011年07月09日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

よくある(?)きっかけで小生意気なJKのおもちゃにされてしまう主人公。
最初は遊びだったJKもストーリーが進むうちにだんだんと・・。という流れです。
個人的はかなりツボでしたwww
おまけとして後日談のSS小説なんかもあり、
長時間楽しむことができました。おすすめします^^

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!良作。

2011年06月06日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

女子高生に電車の中で痴女られ、玩具ににされてしまうという
ありそうでなかった、男の妄想を具現化した音声作品。
勝手に痴漢という罪を着せられ、言いなりにされてしまいます。

まず特筆すべきはそのストーリー性の高さ。
ただ女子高生にイタズラされて終わりかと思いきや、
そんなことはありませんでした。
随所に伏線がちりばめられ、それをエピローグにてきちんと回収しているところに感心。

催眠系やエロ特化された音声作品が多く出される中、
このようなしっかりしたストーリー系を出していただけるのは
個人的には大変嬉かったです^^

また、シチュ系作品であるからにはやはりSEは重要ですが、
この作品ではきちんとぬかりなく配置されていたのも好印象。
電車の音やアナウンスまで収録されていたのは驚きです。

そして犬飼さんのツンデレ演技もとても聴き応えがありました。
キャラクターの気持ちを演じるのが大変上手でいらっしゃいます。

ボリューム・価格面でも大満足です。
総合的にオススメできる作品と言えましょう。
すばらしかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]