({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2011年01月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
14.8MB

作品内容

ジングルベルが鳴り響くクリスマスの夜。
今、僕は母さんと腕を組んで街を歩いている。

恋人たちが行き交う交差点。
けれども僕たちを振り返り見る人はいない。
母さんは若くて美人で、きっと僕たちを親子だと思う人はいないだろう。

名家の跡取りだった父さんは、若い頃に大病を患い亡くなったらしくて
物心ついたときからずっと、僕たちは親一人子一人だった。

母さんはずっと僕に甘あまで。
子供の頃から、欲しいものは何だって買ってくれたし
今でも頼めば何だってしてくれる。
朝も晩もキスをして、愛してるわよと言ってくれる。
風邪なんかひいたら大変で、泣きながら一日中
付きっ切りで看病してくれる。
最近は、笑った横顔が父さんによく似てきたと言って
暇さえあれば、いつも僕の顔ばかり見てる。

僕は、そんな甘あまな母さんが大好きだ。

だから昨日、クリスマスイブに、僕はずっと欲しかったものを
母さんにお願いしてみることにしたんだ。



「母さんが欲しい」って。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「僕の優しいママ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件