同人 > 山河屋 > ボイス > ちんポジ!the guest

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 山河屋フォローする
販売日 2010年12月31日
シリーズ名ボイス
年齢指定
作品形式
ファイル形式
MP3 / WAV同梱
その他
ジャンル

作品内容

イギリス人の29歳で金髪巨乳校長が、
同行者の男と一緒に海水浴場で
ライブ中継しつつ練り歩きます。

当然、ただ歩くだけでなく、
元からヒモのような水着を更にエスカレートさせたり、
周りの視線を彼女に誘導させ、男が煽ったり、
人の集団から距離を置いたトコロで、
オスとメスでの行動を取ったりします。
前と後ろの両方で。


音声担当は、安心のお姉さんボイス、
伊東もえさんです。
体験版を聞いてもらえると判りますが、
ちょっとアレなぐらい声がエロいです。

↓伊東さんのサイト
http://moevoice.yukishigure.com/


製品版の収録時間は

分:秒
(1) 15:50 砂浜
(2) 2:18 移動
(3) 6:15 セックス
(4) 4:55 アナルセックス
(5) 1:57 締め

total 31:15

となっております。


最終製作環境はXP

収録ファイルはWAVとMP3です。
体験版はMP3のみで、
製品版にはタイトル絵の高解像度版と、
シナリオを同封しています。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ071710
ファイル名/ファイル容量
RJ071710.zip / 268.54MB (281585176Byte)

ちんポジ!the guestの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ちんポジ!the guest」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

水着(2)

金髪パワーすげぇ

2012年06月18日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

金髪というだけで、なんというか雰囲気変わりますね〜
キャラ設定が、クールなDJの雰囲気なのですが、それが金髪というだけで、破壊力がぐぐっと増してますねー

そんな女性が、砂浜で、実況露出プレイ…うわーー、えろーーww
非常に、妄想力を掻き立てられる一品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ババァ無理すんな

2011年03月11日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

29歳のバb…お姉さまですが、これは非常に萌えます。

海水浴場で衆目を集めながらのプレイに時折かいま見える羞恥心、媚びのないしおらしさがとてもキュートです。

とにかく伊東もえさんの演技が本当に素晴らしく、役にとてもハマっていました。これっきりだなんてもったいないです。

キャラクターがイギリス人ということもあってか、少し吹き替えっぽいバタ臭さを漂わせているのもたまりません。

また「万婦不当」シリーズ等、CGはもちろんのこと、シナリオにも定評のある山河屋さんだけあって、ストーリーも大変魅力的です。

実況放送という設定や、海水浴場のシチュエーションの使い方が巧く、変に冗長なところが無いのがすごいです。

何度でも聴きたくなる作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]