>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

「ん、ん……っ……っ……あ、あ……っ……!」
薄暗い牢獄の中、女の声が響いていた。

「へへっ、何回逝けば気が済むんだろうな、このお姫様は……」
「この人数を相手に出来るってのは、色狂いな証拠だな」
「違いねぇ、皇族様も一皮向けばただの売女ってわけだ」
「もう、何回も俺らの前でヒィヒィよがってんだから、そんなことしても意味無いぜ!」
「そーそー、もうとっくにばれちゃってんだから、皇族様は、商売女よりもスケベで品が無くて変態ですってな!」

モードレッドは気丈に強い一言で返す。

「何度も言わせるな、自ら誇りを地に堕とした者の侮蔑など、聞く耳持たぬ……ッ」

「ふーん…でも『身体』は聞いてくれてるみたいだな」

淫らに濡れた結合部を見据えたまま、挿入っているだけだったペニスを腹を突き破る勢いで律動させる。

「あっ、うぅぅぅぅっ!?」

唐突で強烈な刺激に、モードレッドの身体が意思とは関係なく跳ね、痙攣する。

「ひゃはは! ほら、こんなに素直に感じてるぜ。お姫様!」

===========================

弟と二人、諸国視察の旅を続ける皇女モードレッド。
盗賊にさらわれた少女を助けるために自ら危険に飛び込んだモードレッドを待っていたのは、男たちの卑劣な罠だった!
最愛の人以外のペニスが少女騎士の穴という穴を犯し尽くす!

壱目堂DIGITAL WORKSファンタジーシリーズ第二段!
http://ichimedou.sakura.ne.jp/game/mord/game02.htm
基本イベントCG枚数20枚、シナリオ300kb以上。
CV
モードレッド:結城紫
ベディヴィエール:妖

作品情報/動作環境

作品番号
RJ071208
ファイル名/ファイル容量
RJ071208.zip / 466.54MB (489205967Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「皇女モードレッド」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件