同人 > 木琴Soft > ベッピンママ > 別嬪母オムニバス

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

●800×600の高画質CG(フルスクリーン表示可)
●ボリュームたっぷりオムニバス責め受け実母ADV
●無修正濃厚淫語フルボイスで、実用度満点!
●常時セーブ・ロード機能(データボックス40カ所)
●CGモード・シーン回想モード機能

どこにでもいるごく普通の男子学生、主人公・直樹は
ある日の下校途中、アニメ好きの友人に連れられて電気街にやって来た。
ただ、友人と違いアニメや漫画に特別な興味があるわけでは無い直樹は
なんとなくゲームコーナーの棚を眺めていた。
そこでふと名前につられて手にしたパソコンゲーム。
「別嬪母オムニバス」
普通なら気にとめるほどの表題ではないのだが
その作品があった棚は、成人向けのゲームの並ぶ棚だった。
妖しく異彩を放つ「母」の文字が
直樹の心に今まで意識もしなかった様な
背徳的な感情を呼び起こす。

6組の母子の、独立したインモラル近親相姦ストーリー!
責め受け入り乱れるオムニバスアドベンチャー!
実母・熟女・淫語・巨乳・巨尻・M女・痴女 好きな方にオススメヌキゲーです!

〜動作環境〜
CPU:Intel Celeron / PentiumIII 1GHz相当以上(推奨)
HDD:550MB以上
メインメモリ:256MB(必須) / 1GB以上(Vista 7 推奨)
ビデオカード:
800×600 ハイカラー メモリ64MB以上(必須)
800×600 フルカラー メモリ128MB以上(推奨)
サウンドカード:PCM音源を再生可能な環境

本作は体験版をご用意しております。
動作確認も含めて、ぜひお試しください。
(体験版のイベントCGは加工されています。不具合ではありません)

ゲーム詳細は木琴SOFTホームページへ!
 ↓    ↓    ↓
http://www.mockingsoft.com/

作品情報/動作環境

作品番号
RJ071102
ファイル名/ファイル容量
RJ071102.zip / 330.95MB (347023249Byte)
CPU
Intel Celeron / PentiumIII 1GHz相当以上(推奨)
メモリ
256MB(必須) / 1GB以上(Vista推奨)
HDD
550MB
VIDEO
800×600 ハイカラー メモリ64MB以上
DirectX
DirectX7.0

別嬪母オムニバスの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「別嬪母オムニバス」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ショタ(3) 母親(3) おっぱい(2) 近親相姦(2)

ピックアップ

おすすめ!ママンばかりな発想の転換

2011年02月24日  

このレビューは参考になった×5人

レビュアーが選んだジャンル :

当たり前ですが「実母キャラ」は主人公一人に対して一人しか登場しません。
 ですから実母が登場するゲームでは、そのキャラと正反対のヒロイン、例えば姉とか伯母なんかを登場させて個性のカバーをします。
 例えば優しい母親がいれば、ツンツンしている伯母がいる、といった感じに。
 ママキャラに癒されたいのにそれ以外のキャラが登場する事に、今までジレンマを感じたプレイヤーも多かったでしょう。

 その問題を解決したのが今回のアンソロジー作品でしょう。
 何しろすべてが独立した世界なので、全員実の母親なのです。
 この発想の転換は素晴らしいですね〜。

 ストーリーは、主人公が母子を扱ったゲームをやっていくうちに自分の母親の魅力に気づき関係を持ってしまうというもの。
 なのでその他のキャラクターは全部ゲームの中のキャラクター、という設定となります。

 個人的にはミレーネさんだけで1本のゲームを観てみたいな〜なんて思ったり。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ママン全部乗せ

2014年12月07日  

このレビューは参考になった×1人

とにかくママン属性の紳士ならば必ず一人はお気に入りが見つかるであろう作品です。
現代劇やらファンタジーやらあまあまやらツンデレやら、目移りしてしまう位の充実度です。
一人のキャラをじっくり攻略という訳にはいかないかも知れませんが、不足は感じませんでした。
おすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!大変満足!

2011年07月08日  

このレビューは参考になった×0人

物語は、お母さんスキーな主人公が学校の帰りに母子相姦モノのエロゲを購入し、自宅のPCで起動するところからスタート。

自室でエロゲを進めるごとにつのる母親への感情と、それを行動に移した時、最初は戸惑いつつ徐々に息子を受け入れていく様子が王道です。木琴softさんは以前にも「べっぴんママ」というゲームを発表されておりますが、それを買って満足した人なら文句なしでしょう(自分もその一人です)。

これは好みの違いになるのですが、どちらかというと主人公責め、お母さん受け(本当に微妙なのですが)に近いので、終始主人公にMであって欲しい自分のストライクコースからは少し外れていました。

しかし、主人公がプレイするエロゲをそのままプレイできるこの作品。作中作であるそのエロゲには完全な母責めショタ受けが複数存在するので、自分はもっぱらそっちを使っております。
「べっぴんママ」であった母親のアソコのニオイやつま先のニオイにどっぷり浸かるというシーンはなく、今回は腋舐め腋汗吸いとなっております。ニオイソムリエの方は嗜好を間違えられぬように。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]