同人 > AmBiVaLenZ > 機甲搾精ヒロインズ > 機甲搾精ヒロインズ 前編

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年12月02日
シリーズ名機甲搾精ヒロインズ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

■作品概要
淫らな機械は慈悲無く動き続ける_________

全編に渡って拘束強制連続射精!
ヒロイン達の勃起お●んちんが、機械によって徹底的に搾られる!

ショートストーリーを交えたオムニバス形式のふたなりCG集です。

■登場人物
ク●ーンズブレイドから鋼鉄姫ユー●ル
東方Pr●jectから博麗●夢と射命●文
人造昆虫カ●トボーグV×Vからベネチ●ン
機動戦士Vガ●ダムからカ●ジナ・ルース
機動新世紀ガ●ダムXからティ●ァ・アディール
機動戦士ガ●ダム00Fからハ●ヨ

■内訳
html+jpg
基本絵7枚×差分 合計63枚

■ウェブサイト
AmBiVaLenZ(あんびばれ〜んつ!)
http://fcool.sakura.ne.jp/z/

作品情報/動作環境

作品番号
RJ070628
ファイル名/ファイル容量
RJ070628.zip / 54.72MB (57374064Byte)

機甲搾精ヒロインズ 前編の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「機甲搾精ヒロインズ 前編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ふたなり(2)

むっちり萌えキャラのフタなり!

2012年03月09日  

このレビューは参考になった×0人

このサークルさんならではの萌えキャラのフタなりが存分に楽しめる作品です。サンプルがお好きな方は本編も裏切られる事なく楽しめると思います。
大量に噴射する射精シーンは特にイイですね。

値段に対してのボリュームは適度な作品だと思います。前編という事もあり少し抑え気味な様な気もしますが。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!「ふたなり最高!」←そんなあなたにおススメ!

2012年02月29日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

この前ふたなりが機械に犯されるジャンルが好きになったのですが、「ふたなり」「機械姦」で検索したらこの作品にたどり着きました。
たくさんのふたなり娘が機械に強制的に連続大量射精を強いられるシチュエーションです!
キャラクター自体はあまり知らないのですが、巨乳からロリまで7人の女の子がでてきます。お値段も安いですし大満足です!!
ふたなり好きの方でかつ登場人物に知ってるキャラがいるならなおさら買って損はありませんよ!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ふたなり好きなら

2011年09月21日  

このレビューは参考になった×1人

原作はどれも知らない(名前は聞いたことあります)のですが、楽しめましたよ。
絵はそれほど多くない方だと思うのですが、自然と射精地獄を連想しました。テキスト付です。

お値段もそれほど高くありません。
ふたなり好きの方なら原作を知らなくとも楽しめる作品ではないでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]