同人 > Miroir... > 女子高生Only(?)着せ替えKISS『JKolle-KISS』 > 女子高生Only(?)着せ替えKISS『JKolle-KISS [Mi]』

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 Miroir...フォローする
販売日 2010年10月17日
最終更新日2011年06月17日
シリーズ名女子高生Only(?)着せ替えKISS『JKolle-KISS』
年齢指定
作品形式
同人ゲームその他 / 着せ替えKISS
ファイル形式
その他形式 / 着せ替えKISSデータ
その他
ジャンル

作品内容

着ている時、脱がした時のコントラストにこだわってみました、ちょっとフェチ系のオリジナル女子高生モデル18禁着せ替えKISSデータです。

モデルは、気まぐれネコ科(?)の黒髪少女、ナチュラルに何でも優等生なソフトタッチ少女、真面目っ娘と言うより実はやや思考が偏ってそうなメガネ少女、ギャル系っぽいけど包容力ありそうな(?)ブリーチ頭少女、の4モデルを収録。

衣装は、中心となる学生系はそれぞれバリエーションを持たせ、微妙なところで印象を変えられるよう揃えてあります。
私服系は合わせ易いデニム系を中心にご用意してみました。

H系は、着衣切り裂き、おもちゃ系の他、落書きや精液、尿など汚し系、また顔面ブリーフ・パンティの羞恥責め系など。
他、催眠瞳と、おまけセットとして、巾着縛られ少女もご用意。

イメージし易い背景も多数ご用意致しました。
(お借りしたものですが、、、)

普段はぴゅあ(?)な彼女たちをちょこっといじってみちゃって下さい。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ068575
ファイル名/ファイル容量
RJ068575.zip / 141.43MB
メモリ
2GB以上推奨

女子高生Only(?)着せ替えKISS『JKolle-KISS [Mi]』の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女子高生Only(?)着せ替えKISS『JKolle-KISS [Mi]』」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

制服(2)

おすすめ!豊富な衣装

2013年05月29日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

kiss作品らしく着せ替え衣装は豊富で、制服や私服に関わらず様々な恰好をさせて楽しむことが出来ます。
素体となる四人それぞれに合う服を選ぶ面白さがあります。
さらに衣装によっては半脱ぎや破れ、さらには体に落書きやぶっかけやピアスなど、ハードな陵辱寄りアイテムも充実しているのがとてもありがたいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

エロがあっても、なくても

2013年04月18日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

衣装が豊富なため、単純に着せ替えることのみが目的でも、十分に楽しめるボリュームでした。
加えて、着せ替えることができるキャラクターも複数存在するため、同じ衣装でも別の味わいあったりします。
もちろん(?)H系のアイテムも豊富、上記の衣装の豊富さと合わせて、和姦のような状況や鬼畜プレイも表現できます。
というように「エロがないとダメ」という人、逆に「エロがあるとダメ」どちらでも楽しめるような作品に仕上がっています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]