>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆淫欲と快楽の呪いを身に帯び、○ースの新たな旅が幕を開けた◆
旅の途中、宿敵である美獣に呪いをかけられた○ース。
マナに触れる度に性的感度が跳ね上がる『淫呪』
どう足掻いても逃れられない快楽は、○ースの旅をより過酷な物へと変える……。


◆聖剣○説3の○ースが徹底的に嬲られる!◆
触れただけで絶頂する程に鋭敏化したカラダ。
本来なら退けられる些細な障害にも、淫呪のせいで屈してしまう。
情け容赦ない責めを身に浴びて、泣き叫びながらイキまくる。


◆数多くのHイベント◆
淫呪に屈してのアナルオナニーから始まる多種多様なHシーン。

モンスターに囚われ受精し、母乳を撒き散らす。
奴隷商に捕まり監禁調教、愛用の槍を使われての二穴責め。
自分そっくりなシャド○ゼロにふたなり拷問、○ース自身にも……。
極太触手に性器破壊、脳姦、アナル姦通。
ありとあらゆる方法で何度も何度も強制絶頂。

数多くの快楽拷問が○ースを襲う!


◆全てがその場で『GAMEOVER』◆
冒険の旅は生きるも死ぬも紙一重。
先に進めるのは、何事も無かった場合のみ。
『何か』に襲われた瞬間、○ースの旅は終わりを告げる。

植物触手に捕らわれ、苗床化。
ブラックマーケットで見世物に。
ふたなリー○の性玩具に。
死ぬまで触手に嬲られる運命に。

全てのシチュがゲームオーバー前提!
冒険続投不可能な程、凄惨で淫らな結末に!


◆時が経てば経つほど、効果を増していく美獣の『呪い』◆
逃れられない悦楽の愉悦。

序盤は行為を拒んでも感じてしまう様を。
後半は呆気なく快楽に屈してしまう○ースを。

○ースが魅せる様々な『イキ様』をご堪能ください。

-----
☆スタッフ
原画 空木次葉
シナリオ ファッキン☆神楽坂
CV 中室亜華音・芦屋もこ。

-----
☆動作確認のおすすめ
環境によっては動作しない可能性もございますので、ご購入の前には体験版にて動作確認をされることをオススメいたします。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ065502
ファイル名/ファイル容量
RJ065502.zip / 249.93MB (262073285Byte)
CPU
PentiumIII以上
メモリ
256MB以上
HDD
300MB以上の空き容量
VIDEO
解像度800×600以上、16ビットカラー必須
DirectX
バージョン7以降必須
その他
DirectSoundに対応したサウンドカード

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Meridian Child II ~淫蝕の戦乙女・リース~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!やっぱりリースはエロ可愛い

2011年10月31日  ただの触手好き さん

このレビューは参考になった×0人

やっぱりバッドエンド前提のエロは素晴らしいです。
今後のことをまったく考えずひたすらにリースが堕ちていく様を楽しめます。

触手貫通、脳弄り、触手出産などコアなシーンがありますが、呪いのおかげで壊れることなく快楽多目です。
声がついてこの値段。体験版で感触が悪くなければ買って損はないと思います

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]