({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 Studio-74フォローする
販売日 2010年08月10日
最終更新日2012年09月11日
シリーズ名調教シミュレーション
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
399.19MB

作品内容

海底監獄と呼ばれる謎の施設を潜入捜査するよう遣わされた女忍者。
闇の組織の卑劣な罠にはまり囚われの身となった彼女を待ち受ける運命。

それは排泄までもが管理される過酷な監禁生活。

忍びの誇りに賭けて忠の揺るがぬ少女は無垢な穴を陵辱され続け
尋問という名目の調教は徐々にエスカレートしていく。

肛淫調教によって何も受け入れた事のないピンクの肛門は
徐々に大きく口を拡げ、精液を吸い出す穴へと変貌し
やがて心の挫けた女忍者は自ら肢体を開く牝奴隷へと…

--------------------------------

■ ゲームの概要
闇の組織の一員となって薄暗い海底の牢獄で囚われの女忍者を飼い慣らす
監禁調教シミュレーションゲームです。

・過激なシチュエーションが盛りだくさん
処女喪失、拘束陵辱、異物挿入、排泄管理、アナル開発、輪姦、剃毛
秘肉拡張、放置、触手、奉仕調教、セルフ浣腸、膣内洗浄 ……そして妊娠。

・女性フルボイス

・セックス、アナルセックス、触手、輪姦シーンはなめらかアニメーション

・CG鑑賞モード、Hシーン回想モード、アニメ再生モード、エンディング回想

CV 誠樹ふぁん

作品情報/動作環境

CPU
1GHz相当以上 推奨
メモリ
512MB以上のメモリ(推奨1GB以上)

闇ブリーダー種付け繁殖場 ~受精肉奴隷の監獄~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「闇ブリーダー種付け繁殖場 ~受精肉奴隷の監獄~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

複数プレイ/乱交(2) 調教(2)

ちょっとハードなプレイもあります

2012年10月09日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

主人公がボスの命令によって、捕らえた女の子を調教していくといった流れになっております。
エンディングパターンは豊富で、すべて見るにはなかなか手間取るかもしれません。
過去作をプレイした人にはくすっと思わせるような部分もあり、遊び心がある作品になってます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!とうとう動画表示が付いた!!

2010年10月08日  

このレビューは参考になった×1人

今までカクカクとした動きでしたが、今回から部分的動画が導入されました!

ゲーム内容は、Studio-74さんお得意の調教モノです。主人公は調教プロと張り合って捕らえられた女忍者をボス好みの牝奴隷に調教するワケですが……やり過ぎて壊れてしまったり、失敗して哀れ主人公サメのエサになったり、当初の目的すっかり忘れオタク聖地巡礼に旅出ったりと、様々なエンディングがあります。もちろん常連ユーザーにとっては『お約束』なエンディングやミニゲームも(今回は一個だけ)過去の作品の背景をリニューアルして使用している部分もありますので「をや、あの作品の……?」と懐かしかったり懐かしいキャラも登場したり(^_^;)

コンプして毎度お馴染みコングラチュレーションの場面では、『あの人』も再登場します(笑)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]