同人 > 結晶水 > 清女戦隊ブルーマリアス > 清女戦隊ブルーマリアス1

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 結晶水フォローする
販売日 2010年05月02日
シリーズ名清女戦隊ブルーマリアス
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数40ページ
ジャンル

作品内容

妖魔軍団ダーク・マターと戦う正義の戦隊ブルーマリアス。
五人の美女はマリア様の加護のもと不死身の肉体で悪と戦っていた。
ダークマターの暗闇博士は卑劣な計略で戦士の一人、グレープブルーこと葡萄恵(ぶどうめぐみ)を捕らえ、凄惨な拷問にかける。

不死身の肉体が仇になり、際限のない苦痛に悶絶する恵。
さらに触手獣による輪姦と捕食により、廃人になるまでいたぶり続けられてしまう…

女体破壊漫画家、結晶水がおくる戦隊シリーズの第一話です。
オールカラー40ページ。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ061780
ファイル名/ファイル容量
RJ061780.zip / 25.33MB (26561205Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

清女戦隊ブルーマリアス1の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「清女戦隊ブルーマリアス1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

鬼畜(2) 拷問(2)

衝撃の第1話

2015年09月11日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

女体破壊漫画家として有名な結晶水先生が描く戦隊モノ
悪の組織が戦隊ヒロインを捕えて拷問するというよくあるありふれたストーリーだが、その拷問内容が普通ではない
不死身の肉体を持つ戦隊ヒロインの精神を破壊するため、普通の人間なら絶対死ぬような凄まじい拷問を次々と行っていきます
総じて完成度の高い作品だが、完全に人を選ぶ作品内容なのでおすすめしにくいのが難点(笑)
斬新な戦隊ヒロインモノが読みたい人におすすめしたい

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ヒロインが拷問され放題

2010年05月26日  

このレビューは参考になった×3人

血が吹き出るようなシーンは存在しません。リョナ的な拷問過程だけを楽しむことができます。(グロが苦手な方でも大丈夫です)
ちなみに拷問は”ミキサーでの胸破壊”、”ローラーでの巻き込み”、”異種生物による消化”があります。

拷問しつつ性的な陵辱もあるため、”ヒロイン陵辱”→”堕ちる”要素も楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

今後の続編に期待できる第1弾です。

2010年05月21日  

このレビューは参考になった×3人

拷問、処刑と女体破壊がメインであることは当然ながら、今回のシリーズではどんな怪我も回復してしまうヒロイン達が登場します。こういう作品を見させて頂くと、憧れの不老不死なんて残酷な運命なのかもしれませんねぇ・・・。「さあ触手獣よ。いくら消化してもすぐに回復する無尽蔵の栄養源じゃ。」このセリフで、今までの作品より一味違った本作品の特徴をイメージして頂ければと思います。今後の続編にかなりの期待をしております。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]