同人 > Studio-Sakura > とある科学の超輪姦祭

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2010年07月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

いつものように「上○○麻(主人公)」と「御○○琴」は、駅前(学○都市第○学区)で口喧嘩をしていた。

【○琴】
「何で、昨日は来なかったのよ?」

【○麻】
「……いい加減しつこいんだよ。もう、これで何回目だ?」

【○琴】
「何回目だっていいでしょ? だいたい、いつもやる気のなさそうなことを言って、いっつも勝っているのは、どこの誰よ?」

【○麻】
「……しょうがねえだろ。そっちが殺す気でやってくるんだから……」

そんなやり取りをこっそり覗いている○春と○天。

【○天】
「あれが、○琴さんの噂の彼氏?」

【○春】
「らしいですよ? 何度も夜の川原で見かけたって噂になっているみたいですよ?」

【○子】
「……まったく、またあの男ですの?」

【○春】
「し、白井さん、いたんですか?」

【○子】
「ええ……、何だかお姉様の様子がおかしいと思い、後をつけてみれば……」

と、そこで○麻の携帯が鳴る。

【○麻】
「ん? メール?」

【○琴】
「ちょっと……、ひとと話をしているときに、なに携帯を見ているのよ?」

いきなり○麻から、携帯を取り上げる○琴。

と○る科学の超電○砲のビジュアルノベルです。

本作品には、序章及び一章のみが収録されております。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ060924
ファイル名/ファイル容量
RJ060924.zip / 69.2MB
CPU
Intel PentiumII 300MHz以上
メモリ
256MB以上
HDD
未定
VIDEO
800×600
その他
PCM(SB互換)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「とある科学の超輪姦祭」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件