同人 > 雨傘日傘事務所 > ヴィザルの日記

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

大陸南端の港街 セントサウス自治区域
西側区画の通りには昼夜を問わず露店が軒を連ね
路地を入っても酒場や安宿からの喧騒が聴こえてくる

いつしか住み慣れた街の耳に慣れた騒がしさ
裏通りの片隅に事務所を構えるヴィザルのいつもの風景
変哲なく 平穏で安穏

そして ある日事務所に届けられた大きな木箱
中に入っていた大きな木彫りの人形
人形はヴィザルに語りかける

「これ、なにをしとるか」

■今作も『エリュズニールの騎士』の世界観を踏襲し、
 前作『紅湖の皇子』で滅ぼされる側にあったセントサウスの街を主軸に
 新しくお話を構成しなおしました。
 主人公は記憶を動力源にして動く軟木製のゴーレム「コルク」と、
 裏通りの事務所に居を構える彼の主人「ヴィザル」。
 凸凹な二人のゆるやかな日常風景を
 楽しく読んでもらえましたら幸いです。

■今回も全篇ほぼフルボイス
 挿入歌、エンディングボーカル曲に
 「片霧烈火」を迎えた豪華キャストでお送りします。

紹介ページ
http://amagasahigasa.sakura.ne.jp/works15.htm

作品情報/動作環境

作品番号
RJ056683
ファイル名/ファイル容量
RJ056683.zip / 625MB (655354939Byte)
CPU
Pentium以上必須(MMX推奨)
HDD
空き容量700MB以上
DirectX
3以降推奨

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴィザルの日記」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ピックアップ

おすすめ!セントサウスの優しい記憶

2010年01月15日  

このレビューは参考になった×9人

同サークルの『紅湖の皇子』と対になる作品。女手一つで事務所を切り盛りするヴィザルとビスケット好きで生意気な従僕コルクを中心に、港町『セントサウス』での日常が綴られます。

エッチシーンはいつものようにムチムチでハードな責めがメイン。イチャイチャや女装ショタもあります。そんなシーンでもしっかり笑いを取ったり、実は伏線が絡んでいたりと油断できません。

メインストーリーの合い間に出てくる日記や手紙を同時に読み進め、話を進めていく独特なスタイル。日々の他愛ないやり取り・手紙で送られてくる情報・遠方にいる仲間の様子などが同時進行で進むため、伏線が複雑に絡み合い、話に引き込まれます。

また、同サークル作品『黒曜鏡の魔獣』の設定・伏線が微妙に織り込まれているので、この作品&『紅湖の皇子』といわゆる『エリュズニールシリーズ』との垣根があいまいになり、シリーズ独特の世界観がいっそう深みを増しています。もちろん初めての人でも楽しめると思います。

キャラもみんな個性豊か。『皇子』で出たキャラはもちろん、過去作を知ってる人には「なんでこの人が!?」なキャラなど多種多様。知らず知らずのうちに、彼らに感情移入してしまいます。

そして、この作品最大のテーマは『記憶』。日記に記された記憶、一癖あるセントサウス住人達の記憶が繰り広げる人間物語。そのボリュームは予想以上でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

日常風景をお楽しむ

2016年01月09日  

このレビューは参考になった×0人

コルクとヴィザル、その他のキャラによる日常をのんびりととたしみつつ、変えられない結末へと繋がる物語です。紅湖の皇子をやってからでないと十分に楽しめないと私は思うので是非先にプレイしてからこの作品を楽しんでください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ヴィザルの日記

2014年06月23日  

このレビューは参考になった×0人

キャラクターが個性があり、会話内容も面白い。体験版の時点ではまった。特にコルクとか結構好みで可愛い。人形なのに可愛いと思うとは思わなんだ。後、音楽が片霧烈火さんだったのも自分の中では購入の決め手だった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!しっかりした物語とムッチリの肉体がエロい!

2012年07月21日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

オリジナルの世界観とストーリーはエロ無しでも楽しめるくらいです。が、エロももちろんシッカリ抜けますw特にこのサークルさんのムッチリ女体は秀逸でどの作品でも満足できる女性が描かれています。
 
このボリュームで音声ありでこのエロさなら大満足です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ぜひ読んでいただきたい。エロもすごい。

2011年03月16日  

このレビューは参考になった×3人

ファンタジー系のノベルゲームですね。
独特の肉感的な絵柄と独特の画面効果・効果音、
それにシリアスな文章によって濃厚で匂い立つようなエロスを演出しています。
心も体も徹底的に攻め抜いていく調教シーンなど、
かなり興奮します。

しかし特筆すべきはストーリーのボリュームと内容です。
とにかく、読んで面白かった。感動した。
エロゲーで泣いたのはひさし振りでした。

確かな厚みを感じる世界観の中で、
ほのぼのとした日常あり、
匂い立つエロスあり、
燃えるバトルあり、
涙ありの感動ストーリー。
特にラストの盛り上がりには思わず胸が熱くなりました。
この作品を語ろうとすると、自分のボキャブラリーの貧困さに嫌気が挿しますね。

筆舌に尽くしがたい魅力を持ったこの作品を、
ぜひ多くの人に読んでいただきたい。
お勧めですね。
お勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!とりあえず読め 話はそれからだ

2010年01月12日  

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

という題名のごとく
まだ このサークルの作品を持っていない人は
まず体験版をしてみれば 
このサークルの世界に引き込まれる事だろう

世界観 人物 テンポ などに
いつの間にか引き込まれている自分がいるはず

ギャグが基本なのか シリアスが基本なのか
独特のタイミングとセンスで
それらが融合し 爆ぜ また融合する

興奮 迫力 完成度 どれを見ても逸材

一作品 気に入ってしまえば
このサークルの他の作品も きっと気に入る事は間違いない

この作品に関連する作品が 過去作にもあるので
それらを見ていると なお楽しめるが 
コレだけでも 十分過ぎるほどに楽しめる作品

値段以上の価値 値段に出来ない感動 同人と思えない出来
それを 貴方にもたらしてくれるでしょう

コレを 「お奨め」 と言わず なんと言おう

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]