同人 > ねこらった > 催眠電波送信装置

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2009年12月04日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数32ページ
ジャンル

作品内容

初音島から魔法が消え、他人の心が読めなって落ち込むことりに、非公式新聞部の発する命令念波が届く。
「…何これ…?…催眠電波送信装置…?下らなことするなぁ。効く訳ないじゃない…でも人の心の声が聞こえるのは嬉しいな…」
ことりは心の声聞きたさに「電波催眠に掛かったフリ」をして調子をあわせる。
「掛かったフリ」をするためならば、露出水着で撮影会、校庭にて生徒環視の中でオナニーショー、新聞部一同との乱交、正気では有り得ないどんな命令にも嬉々として従うのだ。
「ふふふ…大丈夫、これは催眠に掛かったフリをしてるだけだし…」。
…いや、それ、催眠掛かってますから…。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ056295
ファイル名/ファイル容量
RJ056295.zip / 29.82MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「催眠電波送信装置」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件