同人 > 姫ノ涙 > 大公記 > 大公記 ~処女姫陵辱調教~

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 姫ノ涙フォローする
販売日 2009年10月15日
シリーズ名大公記
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

美しき少女姫を襲う暴虐者の淫辱を描いたオリジナルデジタルノベル!

■ストーリー
「いやっ!、おじ様っ!触らないで!」
「ふふっ、シルフィ、私はシルフィとセックスがしたくて、反乱を起こしたんだよ」

義理の伯父であるバグス大公に捕らわれた少女姫シルフィオーネ。
何不自由なく育てられた美しき少女姫は、祖父ほども年の離れた義理の伯父に捕らわれ、性奴隷としての調教をほどこされる。

性的知識が何もないままいきなり処女を奪われた後も淫靡な薬の使用により、まだ小さい体に強制的に覚えこまされる絶頂感。
その後も毎夜のようにバグスによる「夜のお勉強」という名のセックス調教が続いていく。

想いを寄せる騎士見習いティエリには、汚され続ける自分の現状を相談する事もできず、バグスとの秘め事に溺れてゆくシルフィオーネ。
ついには、アナル処女も義伯父に捧げる事になる少女姫の行く末は……

「ああぁっ!、も、もうゆるしてぇっ!お、おじ様ぁ……!」

■シチュエーション
男女の営みなど何も知らない少女姫を襲う、漁色漢の罠
・強制破瓜
・シックスナイン
・媚薬による強制絶頂
・アナルセックス
・中だし妊娠
・etc...

作品情報/動作環境

作品番号
RJ054524
ファイル名/ファイル容量
RJ054524.zip / 24.39MB (25572611Byte)

大公記 ~処女姫陵辱調教~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「大公記 ~処女姫陵辱調教~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

薬物(2) 中出し(2) 少女(2) 強制/無理矢理(2)

おすすめ!ええのう歳の差は

2013年08月07日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

祖父と孫並みに年の離れた義理の伯父と姫
これも一種の近親相姦モノですね(直接的な血のつながりがないとはいえ)
っというかこのじじいもなかなかのくせ者のようで
姫を手に入れるために反乱を起こすのはまあ、良くある話ですが、案外周りからの信頼もあったりして、多少の無茶が聞くぐらいの政治的にやり手な人かも知れません

なんか続編もあるみたい
是非とも続きがみたいですね

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

メタボ大公と少女姫の夜のお勉強。

2010年05月17日  

このレビューは参考になった×2人

中世西洋的な世界で無垢な王女が老獪な伯父に調教される、HTML形式の挿絵付きノベルです。
いかにも戦略SLGの敵キャラを思わせるような、大公の性格が素敵です(笑)。終始、この海坊主のネチネチした語りと性戯の調教展開が続きます。
二人の他に、王女が想いを寄せる少年騎士が登場しますが、インパクトが弱く見えるのは勿体無く思いました。もう少し絡んで欲しかったですね。
脂がのった巨躯なオッサンとロリ姫という、対比の絡みに惹かれましたら、どうぞ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]