同人 > elle-叢神 > 鬼畜カノジョ

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■豹変してしまったカノジョ

「あたしの彼氏なんだったら、性癖もばっちり合うはずよね……レイ?」

主人公・町田 礼と恋人同士の女の子、志乃。
手芸と読書が趣味で、物静かな女の子だった。
間違っても、昼間の学校で、僕に性的な乱暴を働くような性格ではなかったのに——。

ある日志乃は交通事故に遭い、長い入院生活を送ることになった。
戻ってきた彼女は、後遺症で記憶を失い、性格が一変。
かつての優しくて思いやり溢れる彼女の面影はなく、
とんでもないサディストになっていたのだった

志乃はところかまわず主人公を責め立て、無理やり精液を搾り取ろうとする。
元々、マゾの気など全く無いにも関わらず行為を要求され戸惑うが、
拒否すれば志乃に嫌われてしまう。

いつかきっと志乃が元に戻ってくれるはずだと信じて、
礼は激しい行為を受け入れる決意をしたが——。

ついには志乃のオーラに惹かれた真性マゾ男も登場し、事態はますます混乱していくことに!?

果たして礼は志乃の鬼畜プレイに耐えきれるのか!?

■ハードなMシチュエーションプレイ
踏みつけ足コキ、尿道指姦、噛み付きフェラ、強制肛門開発、
首絞めプレイ、他の男に目の前で膣内射精を見せ付けられる、etc...

多様な方法で男を責めるヒロインの鬼畜っぷりが止まらない!
淫語と罵声の連続に、新しい快感がきっと見つかる!

作品情報/動作環境

作品番号
RJ053571
ファイル名/ファイル容量
RJ053571.zip / 229.85MB (241011261Byte)
CPU
PentiumIII 1Ghz以上推奨
メモリ
512MB以上推奨
HDD
500MB以上の空き容量
VIDEO
SVGA(800×600px)以上 16bitカラー以上で表示可能な環境
DirectX
7.0以降

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「鬼畜カノジョ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

SM(2) 男性受け(2)

超M好きには

2016年04月01日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

交通事故により人が変わってしまった彼女。
ドSとなってしまってます。

 美人で巨乳でかつドSな女性が好きな人には
お勧めかも。
とは言えかなりハードな責めです。
サンプルを見てもらうとお分かりかと思います。

超ドMで寝とられルートもへっちゃらと言う人に
向いてるゲームと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ヤンデレS

2012年02月10日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

交通事故により人が変わってしまった彼女。
ドS女に変貌してしまった彼女に虐められる作品です。

ヤンデレSな感じの彼女の責めはかなり厳しいものばかりです。
しかも、彼女は彼氏なら私の愛(責め)は受け止めてくれて当然でしょと言わんばかりにグイグイと責めてきます。
かなりハードなMプレイが好きだという方にお薦めできる作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]