>    >  

獣姦MANIAX!

Download : 

シェアする :

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サークル名 :  スタジオポーク
ホームページ :  http://butasan23.x.fc2.com/
販売日 :  2009年07月08日
年齢指定 : 
作品形式 : 
ファイル形式 : 
対応OS : 
[PC]
Windows98 / WindowsMe / Windows2000 / WindowsXP / WindowsVista / Windows8
その他 : 
ジャンル : 

サンプル

HTML版で表示

作品内容

・イルカ
 恋人とイルカショーに参加するも、イルカ達によって水中へと引きずり込まれてしまう。

・ダチョウ
 ダチョウは人間に興奮するのか、という乱暴なテレビ企画に人妻アナウンサーが。

・亀
 ウサギとカメの物語。

・狸
 人間に恋をした狸。だが彼女には恋人が。諦められない狸は、彼女を化かし・・・

・熊
 山籠もりを敢行した女子プロレスラーが、巨大熊と遭遇。無謀にも立ち向かおうとするが・・・

・ドブ鼠
 下水探検へと繰り出し罠に嵌められ、鼠の大群と遭遇する。

・チュパカブラ
 テレビ局に寄せられた投稿ホームビデオ。そこにはチュパカブラと一人の女性の姿が。

ノベル:賽龍影様

注)一部産卵描写あり

基本12枚、総80枚+吹き出し擬音・おまけ付き。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ051040
ファイル名/ファイル容量
RJ051040.zip / 71.87MB (75360930Byte)

あなたにオススメの作品

「獣姦MANIAX!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

むちむち(3) 獣姦(3) 断面図(2) 強制/無理矢理(2)

獣姦好きに!

2010年09月22日  ちまこ さん

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

色んな女性が、色んな動物や謎の生き物に
無理矢理・・・という内容のノベルがついたCG集です。

とにかくエロが濃く、女の子が可愛らしく、
獣がリアルに描かれていて、濃厚なエッチシーンでした。
むちむち感が特によく描かれているので、エッチな身体の
女の子が獣姦の餌食に・・・というシチュエーション好きな方におススメです。

個人的にはチュパカブラの獣姦が珍しくて良かったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ケダモノたちによって演じさせられる痴態

2009年10月05日  ATM さん 投稿数 : 9位

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

7つのエピソードが用意されていますが、いずれの場合でも女性たちの相手となるのは、すべて人間以外の生物となっています。

CGの基本枚数・差分枚数は各エピソードによってバラバラ。
イルカとダチョウが基本3点、熊が基本2点、他は基本1点ずつです。
差分は狸のように僅か2枚というものもあれば、ネズミのように14枚というものもありました。
ダチョウ・亀・狸・熊は1対1で、残りは複数体がかり。
全身を使ってえっちな部分に潜り込んだりといった、人外ならではのプレイは少な目。
基本は各々の長かったり逞しかったりなモノを使って、柔らかな穴をかき回していました。

光沢のあるムチムチの肢体を持った美乳・巨乳ヒロインたちが、ケダモノたちによって演じさせられる痴態を見たい方に。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!

獣特有の無理矢理感が出ている

2009年09月24日  シトリー さん

このレビューは参考になった×1人

獣に色々な女の子が犯されるCG集で、
それぞれ純愛だったり、陵辱だったり、
女の子によって作風はけっこう違います。
ただし、陵辱の方が多め。
断面図の差分が、亀、熊、ドブ鼠、チュパカブラに用意されています。

そして内容の方ですが、シチュエーションが実にイイです。
ダチョウとアナウンサーの話では人妻アナウンサーということもあってか、
カメラの前で「夫より大きい」などと口走り、
あまつさえそれを実況したりします。
熊と女プロレスラーの話では、熊に負けた女プロレスラーが無理矢理犯され、
チュパカブラと美少女の話では、
これもまたなぜか陵辱の現場をカメラで実況されることになります。
カメラの前で無残に犯されるというシチュエーションは、
おおいにそそられるものがあります。
CGも、サンプルを見ての通り高品質で、期待を裏切るものではなく、
文章も今あげたシチュエーションを綺麗に描き切っており、
どこかが悪くて、エロに没頭できない、というタイプの作品ではないでしょう。

以上のシチュエーションを聞いて、心引かれたなら買いです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]