>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

——その勇者、性格が極悪につき近寄るべからず——

 物が欲しけりゃ強盗だ。
 女が欲しけりゃ強姦だ。
 旅立ちとともに、魔王より危険な男が野に放たれる。

 今回新たに仲間になるのは心優しき女僧侶。勝気な女武道家。優美な女賢者の3人。
 もちろんこの3人を牝奴隷にするだけで満足する勇者ではなかった。
 盗人一味を配下に加え、好き勝手に暴れまわる。

 辿り着いた城で王女を陵辱。人々全員が眠りこけている村で悪戯をする。
 全国民憧れの砂漠の女王様に野外露出をさせて犯す。胡椒屋を営む息子のフィアンセをその目の前でハメ倒す。
 生意気なエルフの村ではきっちりと礼儀を教え、とどめにさらに生意気な海賊にも男への従い方を伝授する。

 極悪勇者による極悪冒険の会心の一発編。ドドンとここに登場。

「世界を支配するのはバラモスじゃない。

    ——この俺様だ」

作品情報/動作環境

作品番号
RJ050692
ファイル名/ファイル容量
RJ050692.zip / 171.48MB (179813390Byte)
CPU
MMX Pentium 266MHz 以上
メモリ
256MB以上
HDD
200MB以上
VIDEO
800x600 ハイカラー(16bit-Color) 以上
DirectX
5以降
その他
DirectSound対応サウンドカード

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「極悪勇者鬼畜旅2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!この勇者鬼畜につき

2009年08月19日  ちゅん さん

このレビューは参考になった×2人

とりあえず、この勇者悪逆非道です。これ以上ないくらい悪逆非道です。多分普通の人が思いつける悪いこと全部やってるんじゃないかと。というか魔王でもここまでやらんのではないかと。思わずル○スも「勇者バラ○ス」と言ってしまいました(笑)

設定・登場人物は非常に細かいです。ロマリア以降のお話になりますが、私もこれをやりながら「あー、そんなキャラいたなぁ・・・」「その村そんな状況だった・・・」「その魔法にそんな残酷な使い方が!」と思いました。通な人なら必ずニヤリとできます。

登場する女キャラも様々。マジメ・大人な女・高飛車・ボクっこ・高貴・純粋・お姉さま・レズなど。種類に多分飽きることはないかと。一人一人に結構な量のテキストが用意されています。声優さんもかなり気合入っております。

シチュ的にも拷問・輪姦・獣姦・レイプ・露出・野外調教・レズなどだいたいそろっています。ラブラブは決してありませんのでお気をつけて。

そして素晴らしいのが残酷なだけでなく、かなり爆笑できるシーンもあること。特に鬼畜勇者と、皆が知ってるあの盗賊さんとの戦闘シーンは必見です!

同作品の同人は非常に多いですが、かなりお勧めの一品ではないかと。このシリーズで何をDLしてみようか悩んでる人は、ぜひ一度プレイしてみてください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!女性を弄ぶ、女体を弄ぶシチュという点で、名作!!

2009年07月28日  NERO さん 投稿数 : 6位

このレビューは参考になった×1人

ヒロインは9人もおります。僧侶や武道家などパーティのメンバーのほか、脇役というべき、砂漠の女王や町娘もおりますが、全員にきちんと名前がついており、音声つき。武道家(名前:リラ)の一人称はボク。いわゆる「ボクっ娘」です。

 作品内はとにかく「女性を弄ぶ、女体を弄ぶ」シチュがすごい。そして作りは丁寧でです。たとえば武道家と僧侶に劇場でストリップショーを強制するシーンでは、僧衣と武道着を脱いで、全裸の立ち絵にさせるシーンから始まり、ショーのための「卑猥な下着」をつけて登場するイベントCGで、ショー本番スタートという凝り様w そして観客の歓声や罵声にこたえて、ブラジャー(?)、パンティ(?)と順番に外して再び全裸になっていきます。
 ちなみにこの時点では武道家は快楽堕ちしておらず、勇者への敵意をむき出しの頃。ストリップ強制のあと、衆人環視のもとで勇者に処女を奪われ、そのあとは200Gで売春を強制されます。

 勇者がポル○ガ王にしてやられるシーンもあり。ポル○ガ王のモノになった僧侶と武道家のレズシーンはエロエロ。まず2人の乳首とクリ○○スにつけられたピアス、鼻フック=従属の証がエロい。そして2人を向き合わせ(抱き合わせ)、互いの乳首のピアス、クリ○○スのピアスを糸で結んだ状態でレズや3P。卑猥すぎますw 女体を弄ぶシチュにハァハァする人にはお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!鬼と悪魔は褒め言葉

2009年07月17日   さん

このレビューは参考になった×2人

本作の勇者はタイトル通りにとにかく鬼畜。己の欲望に正直に、女に、金に、権力に向かってひたすらに突き進みます。

その実力も頭の切れもインチキ紛いのハイスペック。ただ、世界が広がれば敵も強くなるのは道理か、前作ではどんな選択肢を選ぼうと好き勝手で着ていた勇者も今回ばかりは選択次第でよくない結果に陥りもします。
それによって寝取られ、女体化なども在るので、主人公になりきってただ好き勝手したい人は注意!?

3部作の所を2部に詰めたためにこれで終わりらしいですが、できることなら謎の声ことルビスを屈服させる所まで行って欲しかったと切に思います。予定変更して地下世界編を作ってはくれないものだろうか…。

最後を締める一言はやはりこれだろうか、
「ルドルフTUEEEEE!」

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!極悪最強勇者(魔王はどうした?)

2009年07月15日  ヤノト さん

このレビューは参考になった×2人

前作をプレイしていなくても話がわかるつくりになっており
システム周りもとても使いやすい
肝心の内容は、DQ3の世界を極悪最強勇者が旅をしてゆく先々の村を
征服してゆくストーリーで
分岐も単純でコンプにはじっくりやっても2時間かからないが
しかし、内容は濃くできている
シチュはモンスター姦、レイプ、レズ、調教、寝とられ等
上記の物が受け入れられるのであれば損は絶対にしないです

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]