({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 Festivalフォローする
販売日 2009年01月24日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
342.45MB

作品内容

──こんな噂がある。

平和なはずの学校で日夜繰り広げられる殺人儀式。
殺人鬼たちは学校に生贄を放ち、追い詰め、陵辱し、殺し尽くす。
選ばれる生贄にはなんの共通点もなく、ただ殺人鬼たちの目に留まったがために生贄となる。
いまだ一人の生還者もおらず、また、これからも現れる事は無いだろう。

狙われれば命は無い。
それが──ABYSSと呼ばれる噂だった。


 主人公、笹山晶は生徒会での仕事の最中に居眠りをしたことがきっかけで、とんでもないことに巻き込まれることになる。

「なんだ、あれ……」

 出会ったのは白い仮面の殺人者。
 噂でしかなかったはずの存在。
 そう。それはABYSSと呼ばれる他愛の無い噂話のはずだった。

 ──さぁ、ゲームをはじめましょう。

 コミックマーケット75にて配布したABYSS琴子ルート版です。
 公式サイトにて配布中の『共通ルート』と過去に配布した『温子ルート』、『幽ルート』、『爽ルート』そして今回新規に追加された『琴子ルート』がプレイ可能となってます。

買わなくても良いのでよかったら体験版をやってみてください☆
http://nishisaku.s81.xrea.com/abyss_trial_070504.zip

※サークルサイトblogよりセーブデータがDL出来ます。
http://festival-soft.com/blog/

作品情報/動作環境

CPU
Pentium 以降
VIDEO
65536色 (HighColor, 16bit) 以上

注意事項

この作品は
「ABYSS -殺人クラブ-(RJ034437)」
「ABYSS -殺人クラブ- 『幽ルート』(RJ037631)」
「ABYSS -殺人クラブ- 『爽ルート』(RJ042395)」
と一部内容の重複があります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ABYSS -殺人クラブ- 『琴子ルート』」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ピックアップ

おすすめ!深淵にどっぷり浸かる

2009年02月05日  

このレビューは参考になった×10人

レビュアーが選んだジャンル :

ABYSSの琴子ルート実装版
初めて買う方はこの作品だけで過去作を含むのでご注意頂きたい。
また体験版でも1ルートプレイできるので
興味ある方は是非プレイしてみて欲しい。


本ルートも前回までの各ルート同様に圧し掛かる悲劇性は健在
プレイするたびに深淵を覗き込んだような気分になる。
決して両手放しのハッピーエンドではないので
苦手な方はご注意いただきたい。


少し気になったのは
Hシーンを示唆する文章はある物の
イベントシーンは無い事だろうか。
今まで同様、陵辱系である為か
好き嫌いは分かれるところだと思うのだが
私自身はHシーンが見たいというよりも
示唆されただけの方がいたたまれない気もした。
それらからも実用目的の方には若干おススメし難い。


初期から散りばめられてきた疑問も
徐々に答えを見せ始める中で次が最終ルートの事
この深淵の底は一体何を見せてくれるのか
今から期待で一杯だ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]