同人 > クリムゾン > エクスタシーKO

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

●ノベルのように自動で話が進むオートモードと
 自分で操作して女体を攻略していくインタラクティブモードを
 お好みによって選択可能

●ノベルモードでは女性キャラクターフルボイス 一部アニメーションもあり

●インタラクティブモードでは
簡単マウス操作で 責めるたびにはげしく反応するカラダに
パンチ 鞭打 電撃 胸もみ 指入れ!
さらに寝技 脱衣 挿入などのH攻撃で絶頂へ追い込む!

●不知○舞は闘技場で公開レイプ!

 春○は潜入先で捕まり監禁!

 モ○ガンは下等な人間に性の実験台にされる!

●CG枚数は基本CGだけで60枚以上。

●フルボイス

●FLASHがなくてもインターネットエクスプローラーで手軽に見ることができる簡易版も収録。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ044777
ファイル名/ファイル容量
RJ044777.zip / 162.45MB (170336540Byte)
その他
フラッシュプレイヤー9以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「エクスタシーKO」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

素的すぎる!

2012年11月06日  

このレビューは参考になった×0人

まず、キャラクターチョイスが素敵!
個人的に好きなキャラが揃ってました。

次に声が好み。
ちょっと勝気な大人っぽい女性の声が何とも言えず好みでした。

クリムゾンさんの作品は今回が初めてでしたがさくさく進んで良かったです。
欲を言えばシナリオスキップ機能欲しかったくらいかなぁ。

全体的に絵も綺麗なので原作ファンじゃない人も買って損はしないと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!もう15年前なんだねー

2009年08月19日  

このレビューは参考になった×0人

思えば高校生の頃、スト2、バンII、餓狼2、アルバイトがおわってからゲーセンに毎日のように通ったものです。そのキャラのエロゲーがでるとは、、、長生きはするものだ。内容は絵、声共に最高だね。オートモードが簡単でいいね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!簡単操作・お手軽H

2009年05月26日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

簡単操作で女性を追い込むHゲーです。登場キャラクターは有名どころをピックアップ。安定している作画、そして、確立されているゲームシステム。すべてが同人作品としての基準を上回っている作品であることには間違いない。もし、同人作品で買うのを迷っているのであればこれは買って不満がでることはない。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!格闘キャラに期待

2008年12月26日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

これまで同サークルの作品に登場することがあまりなかった格闘ヒロインもので、
キャラの選択が大変良いと個人的に思った。絵は相変わらず綺麗である。

 同じサークルのこれまでの「バトルもの」と比べると、格闘ゲームに合わせてと
考えられるが、インタラクティブモードにムチや電撃など方向性の変わったものが
登場し、雰囲気には合っていると感じた。また、打撃で衣服がはげ落ちていくなどの
演出もキャラに思い入れのある人にはぴったりだと思う。ただ、このモードでも
詰まるところはなく、ほとんど一直線に進んでいくのがちょっと残念。せっかく
オートモードというお手軽モードが搭載されているので、もし次があるのなら
インタラクティブモードの発展を期待したい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

格闘娘凌辱

2008年12月26日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

お馴染みの格闘娘3人を嬲り者にし、レイプしていきます。
ノベル風にストーリーを楽しむオートモードと、ストーリーに沿ってお馴染みのクリック
によるおさわりによって、自分で責めていくインタラクティブモードになります。
どちらも話の内容は同じで、分岐なしの一本ものです。
腕に自信のある強い女を弄び、快楽で屈伏させてレイプしていくとのコンセプトですが、
ヒロイン達の強いところは、プロローグ的なところだけで、始まってすぐに罠に嵌まり、
ろくに抵抗出来ないまま、いいように嬲られ弄ばれてしまいます。
まあ何とか抵抗しようとしたり、口では悪態づいて来ますので気の強さは出ていますが。

ストーリー内容は、モ○ガンは捕えられうえで、媚薬と焦らしによってプライドを崩され雌奴隷へと
堕とされ。春○は偽情報でアジトに誘い込まれ、腕などを触手状に変形できる化け物や女幹部に
弄ばれて痴態を晒し、媚薬の実験体にされたうえで仇であるベ○にレイプ。
不知○舞は何者かに攫われ、訳も分からないまま地下闘技場のリングで、試合という建前の元、
観客の前で嬲り者にされ、衆人環視の元で公開レイプとの流れです。

インタラクティブモードでは、ムチや電撃責め・着衣を徐々に破いていくなど新しい試みも見られ、
アニメーションも過去作品などより多めな感じで、より動きを演出している感じでした。
ただ、逃げられたり倒されたりしてゲームオーバーになることはないし、何をやっても感じてしまう
ので、やや単調な感じで、自分でじっくり責めて攻略したいって人には、少々物足りないのでは
ないのかなって印象です。
一方のオートモードでは、ヒロイン達の心理描写などもしっかり描かれている為、手軽かつじっくりと
凌辱ストーリーを楽しみたい、ノベルやデジタルコミック的な感じで楽しみたいって人には、お勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ゲームというより小説に近い

2008年12月12日  

このレビューは参考になった×2人

クリムゾン様の最新作。絵の画力は相変わらず凄まじいものがあると私は思う。
ゲームの方も全て何時間とかかることなくサクサク進んでいき相手の方もほとんど抵抗をすることなく簡単に終わるだろう。
ゲームというより小説に近いと私は思う。
欲を言うと霞を入れて欲しかった。

難しくてもいいから抵抗してくれたほうがいい!という人にはクリムゾン様が出しているSEXIAL BATTLE Dをおすすめします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]