同人 > ミルフィーユ/ぷちミルフィーユ > ヒロインズナイトメア > ヒロインズナイトメアVol.2

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

●『ヒロインズナイトメア』第二弾登場!
「女剣士」「学園退魔師」「くノ一」といった闘うヒロインが陵辱されまくる
アドベンチャーゲームを3本収録!
触手、輪姦、浣腸、ぶっかけ、奉仕調教、中出し、母乳搾乳、アナル責めと
凛々しき巨乳ヒロイン達が快楽の海へと堕とされていきます!

●『Vol.1』とはココが違う!
その1:精液の差分CGがあります!
その2:『学園退魔師 御堂茜』ではヒロイン3人同時に喘いで
    エッチシーンをより過激に、妖艶に演出します!
その3:ごまさとし先生、オリジナルCGあります!

●ストーリー
【Alice -fallen blader-】
卓越した剣技から、剣匠として大陸に名を馳せる少女アリス。彼女を打ち倒し、
名声とその成熟した肢体を手に入れるため、
人々はついに人外の力をもってアリスに欲望の触手を伸ばすのであった!!

【学園退魔師 御堂茜】
突如現れた妖魔の大軍を祓うため、退魔師仲間でライバルでもある剣持葵、
西園寺梓とともに自らが通う学園に飛び込んだ御堂茜。
次々と妖魔を討ち倒す三人だが、その快進撃は妖魔の巧妙な罠によって阻まれてしまい……。

【くノ一淫舞伝 沙月】
隠忍。影として生き、主の手足道具となって任を果たすことのみを義務づけられた存在。
その任を果たし、脱出するのみとなった沙月の前に、
くノ一にとって最も恐ろしい式神が恥悦尋問の触手を伸ばす——!!


●原  画 : 高浜太郎 / ごまさとし / 桐島サトシ
●シナリオ : 上田ながの / 倉田シンジ / 空蝉
●声の出演 : 黒川百合 / 本山美奈 / 中島れおな / 白石めぐみ / 伊藤瞳子

(C) mille-feuille 2008

詳しくは公式サイトをチェックしてね
http://www.mille-feuille.jp/

作品情報/動作環境

作品番号
RJ044732
ファイル名/ファイル容量
RJ044732.zip / 318.15MB
CPU
PentiumIII 700MHz相当
メモリ
256MB以上
HDD
350MB以上
VIDEO
32MB以上
DirectX
3.0以上

ヒロインズナイトメアVol.2の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヒロインズナイトメアVol.2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

汁/液大量(2) 輪姦(2)

悪夢再び

2017年12月24日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

前作よりもバッドエンド感が増した良作。
大きな変化は学園退魔師にサブヒロインがいることで、エロさが3倍になっています。
システムの方はあまり見ないタイプでしたが個人的に使いやすいと思います。
気になるところをズームにできるのは良かったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

声付きの電子ブックかな

2008年12月19日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

右側にCG、左側に縦書きの文章が書かれている珍しい画面構成で、声のある電子ブックが第一印象ですね。ゲームとしては当たり前ですがブックならストーリーに合わせて、差分で絵の変化が大きな違いですね。
オムニバス形式の3作品ですが、どれも山場へ一直線で細かい事に悩む必要はなく、山場に入ってからシチュエーションを変える選択肢のみ。全部陵辱系なので、そこに注意が必要ですね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]