同人 > Studio tamutamu > EAST FUCKERS

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2008年05月15日
最終更新日2013年11月06日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

ケ○ン軍秘密地下基地で夜な夜な繰り広げられる陵辱パーティー。
今回はあ○まんがの神○サンが登場します。

軍曹の「毎回夏○殿というのはいかがなものかね?』の提案を受けて
今回はキャラを変更。就寝中に自宅から拉致され、
地下室で覆面野郎にハードなプレイを強要される神○サン。
陵辱プレイにも「らしさ」を失わないナイスバディの神○サンをお楽しみ下さい。

セリフ無し、サイズ大きめ画像も同封しました。総枚数約60枚。
尚、今回はケ○ロキャラは出てきませんのでご注意下さい。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ039608
ファイル名/ファイル容量
RJ039608.zip / 102.18MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「EAST FUCKERS」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

少女(2) 強制/無理矢理(2)

確かにアメコミ風

2015年04月08日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

原作は詳しくないのですが、キャラクターがストライクゾーンだったので購入しました、アメコミ風と記載があるように絵のタッチやセンスは全般独特の雰囲気をもっています。シチュエーションなどがツボだったのでまったく問題なかったのですが、サンプルをみて趣向が会う方でしたらお勧めできます!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

パワーで押しながらも、変化球

2009年02月05日  

このレビューは参考になった×0人

デジタルコミックとCG集中間の作品ですね。

ストーリーとしては、闇の組織に誘拐・犯される主人公、ただそれだけですが、
キャラの特徴が上手く活かされていること、そして日本の絵であることに間違い
ないながら、アメコミ風テイストがマッチしていることがかなり長所になっています。

そのアメコミ風は、どこはとなく大味でノーストレスな雰囲気、
やたらとガタイが立派な男キャラ、くびれが立派すぎる女の子、
一コマごとにポーズをとっているような絵、後で絵にくっつけたような台詞、
メタランゲージの多用、台詞の内容も無粋なのか白雉なのか分からない
少しドライな会話など、広範囲にわたり掴んでおり、面白い味をだしています。

絵のほうも、立体的でカラーが綺麗、ツボを抑えた多様なシチュ、そして断面
表現があるんですが、これを「透過」したような膣内描写で結構興奮させる、
とこれだけでも勝負できるような優れた作品になっています。

変な背景情報や「ビッチ」を連発するアメコミ台詞が鼻につく読者のために、
台詞なしの事実上はCG集のバージョンもありますので、
こういうものをマイナスと見る読者にとっては完全回避できます。

作風としても面白い、そして絵そのものとしても使える、そんな速球ながら
変則技というようなメジャーリーグ的なコミックです。
今後もチェックしていきたいサークルさんです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]