({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 悶亭フォローする
販売日 2007年01月19日
シリーズ名「ジャンプで濃い目エロ同人」
年齢指定
作品形式
マンガ / オールカラー陥落コミック
ファイル形式
その他
ページ数20ページ
ジャンル
ファイル容量
8.68MB

作品内容

Dgr●y-manのリナリーの陵辱陥落オールカラーコミックです。

肌の柔らかさや局部の質感にこだわった丁寧な塗りで、
ねっとりとしたエロ描写! 
全ページエロの実用コミック20P!!


以下、二つの物語を収録しています。

・ロードの性奴に堕ちたリナリーを救いに単身乗り込んだアレン。
彼の声に正気を取り戻すリナリーだったが、ロードによる非情な
強制合体で、密かに思いを寄せるアレンの肉棒を容赦なくねじ込まれ、
彼女の開発し尽くされた身体は快感に打ち震える!

・ノア・デビットによるリナリー監禁調教。
椅子への拘束。目隠しをして感度のあがった身体への執拗な乳首攻め。
処女膣にローターを咥え込まされ何度も絶頂に達する彼女の理性は
徐々に崩壊していく!
Dgr●y-manのリナリーの陵辱陥落オールカラーコミックです。

肌の柔らかさや局部の質感にこだわった丁寧な塗りで、
ねっとりとしたエロ描写! 
全ページエロの実用コミック20P!!


以下、二つの物語を収録しています。

・ロードの性奴に堕ちたリナリーを救いに単身乗り込んだアレン。
彼の声に正気を取り戻すリナリーだったが、ロードによる非情な
強制合体で、密かに思いを寄せるアレンの肉棒を容赦なくねじ込まれ、
彼女の開発し尽くされた身体は快感に打ち震える!

・ノア・デビットによるリナリー監禁調教。
椅子への拘束。目隠しをして感度のあがった身体への執拗な乳首攻め。
処女膣にローターを咥え込まされ何度も絶頂に達する彼女の理性は
徐々に崩壊していく!

詳しくは当サークルサイト
http://modaetei.sakura.ne.jp/ にて!

人形飼育の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「人形飼育」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

題材は凄くいいと思うのですが…

2007年10月01日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

個人的に、リナ○ーさんは「囚われシチュ」が非常に良く似合うと思います。

ビジュアル的には「囚われて調教陵辱」というシーンがたくさんで満足では
あるのですが、より自分の趣向に合った二話目の快感による屈服調教の話が
ページ数が少なくて、ラストもあっさり目なのが残念でした。

ただ、目隠しされたまま、椅子に拘束されてるシーンとかのHさは、中々
そそるものが有りましたので、ここらへんのノリをもっと突き詰め掘り下げて、
今後描いて頂けると嬉しいかなと思いました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

前半部分の作画が良

2007年06月27日  

このレビューは参考になった×1人

前半と後半で作画が完全に変わっています。これは個人的な
好みなのですが、前半の方が画力は高かったと思います。
後半も丁寧に描いているとは分かるのですが、私の好みには
合いませんでしたね。
しかし、ストーリーは前半後半共に良かったと思います。
ハッピーエンドかバッドエンドか解釈の分かれそうな前半も、
喪う快感に目覚めて屈服する後半も楽しく読めました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]