({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2006年12月22日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー
/ 戦乙女淫辱輪姦アドベンチャー
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
296.69MB

作品内容

■戦乙女淫辱輪姦アドベンチャー!
主人公・ロキは神族でありながら巨人族と冥府族の手を組ませ、神々が住まう世界アースガルドを侵略する。世界の全てが手に入ろうとした時、神族が主たるオーディンは捨て身の機略で世界を支える世界樹の水源を封印、「共に滅びたくなければ我を解放せよ」と逆に迫られることに。
世界樹の枯死は世界の終わりを意味する。
窮地に陥った主人公であったが、水源を封印している門には封印を解くために鍵があり、そしてその鍵は未だに頑強に抵抗を続ける戦乙女<ヴァルキリー>のスヴィアとシグルドの清き処女の子宮に封印されている事をつきとめる。

「彼の乙女を穢せば封印が解け子宮から鍵をひり出すとか!」

こうしてロキの指揮のもと、スヴィアとシグルドを陥れる邪悪なる姦計が、神族の最後の希望、戦乙女<ヴァルキリー>の英雄に忍び寄る……!!

■戦乙女堕落システム!!
戦乙女スヴィアを追い詰める鬼畜調教の数々☆
自ら調教か、巨人や異形の亜人種どもに任せるか、あるいは冥族の闇の魔物たちに任せるかはプレーヤーの選択次第!!
凌辱メニューの選択によってスヴィアはどの様に穢れてゆくのかが変化します。

■最強の戦乙女スヴィアを如何に堕落させるか!?
北欧神話をモチーフに描かれるファンタジー世界で美しき戦乙女を堕落調教☆
異形亜人種の巨根が、冥界の淫らな触手が異常快楽を戦乙女に刻み込む!!
アクメに咽ぶ暴虐のシーンの数々が90枚を超えるCG&ビジュアル差分で描かれてゆく!!!

詳細は
↓↓↓
http://www.lilith-soft.com/black/product32.html

キャラクター紹介

戦乙女スヴィア [Lilith [リリス]]

スヴィア(CV:金松由花)

エメラルド色の輝く甲冑を身にまとう。
長髪のオサゲに、深緑の瞳。
その顔立ちはまだあどけなさが残る。
彼女は天界では血統書つきといってもいいほど良家の育ち。
幼い頃から剣と魔法を学んでいるがゆえに、その技術は誰にも引けをとらない。また、兵法もみっちりと自ら仕込んでいるために作戦参謀としても超一流。ところが、少し情に欠ける言動と、時に自分勝手な行動を取ることからヴァルキリー達(神族の戦士団)の間での身分は高くない。しかし、シグルドと並び甲乙つけがたい最強のヴァルキリーである。
その子宮の中に世界樹の根にそそぐ水、知恵の川の水門の鍵を宿している。

戦乙女スヴィア [Lilith [リリス]]

シグルド(CV:春日アン)

通称・紺碧(こんぺき)のヴァルキリー。
伝統的な紺碧の戦装束を纏い、金色の髪と瑪瑙の瞳を持つ美女。彼女はもともと神ではなく人間だったのだが、その勇気と剣の技を認められて、ヴァルキリーとなった。非常に気丈で男勝りな反面、情に厚く、心優しく、女らしい気配りを見せる。
彼女は自分の身長を上回る剣を、羽のように軽々と扱う。戦いの時は、先頭に立って敵をなぎ倒すパワーファイター。かといって、力任せではなくスヴィアの練った戦略を忠実に遂行する理知的な面も持ち合わせる。
スヴィアの唯一の友でもある。
またスヴィア同様、その子宮の中に水門の鍵を宿している。

 

 

サンプル画像

【追加分】サンプル画像

サンプル画像

【追加分】サンプル画像

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「戦乙女スヴィア」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

異種姦好きには

2014年04月22日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

北欧神話をモチーフにした調教&異種姦作品です。

さすがのリリスだけあってかなり安定した内容です。
個人的にはメインヒロインよりもシグルドとオークのエロ展開のハードさが好みでとても楽しめました。

また、価格的にもお得なので気になった方はぜひ購入してみて下さい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!調教が魅力

2014年02月19日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

内容は二人のヒロインが触手などに調教されていくものです。どのエロシーンも魅力があり、片方のヒロインに対しては選択肢があり、それにより調教内容も変わっていくので楽しめます。 ちゃんとCGモードなどもありストーリーが終わった後でもつかえるのでとてもお勧めです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ハードな異種姦、精飲、(擬似)出産シーンがエロい

2008年07月11日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

エロシーン回想登録21個。ハードな異種姦と(擬似)出産がとても魅力的な作品でした。異種姦については、触手生物、ゴブリンなどさまざまな異種のオスたちに陵辱されますが、とくに気に入ったのはゴブリン。ヒロインの半分以下の身長しかない小人どもが何匹も群がりよってヒロインを陵辱します。もちろん輪姦。触手生物の触手で徹底的に乳房や乳首をいじられ、注射針のようなものを乳首に突き刺されての母乳噴射などハードな肉体陵辱もあり。
 また神や人間の男たちに輪姦されるシーンもあり。人間の男たちのチ○ポを何本も口に近づけられ、精液を飲まされ、ヒロインが口を開けると口内にたっぷりと白濁液が残っている絵が卑猥でした。精液が糸を引いていてぬちゃっという音が聞こえそうな感じです。しかもそれでは終わらず、続いて柄杓にたっぷりためた精液が差し出され、それをずるずると啜り上げるヒロイン。『精飲』好きにたまりません。
 あと擬似出産シーンも生々しくてハァハァでした。ヒロインたちの子宮には「世界の秘宝」=鍵が埋め込まれているのです。この『鍵』はヒトの胎児と同じくらいの『肉塊』のなかに埋め込まれており、さらにその『肉塊』がヒロインの子宮に埋め込まれています。
 擬似出産シーンは3つで、(1)シグルドの出産、(2)スヴィアの出産、(3)2人同時出産です。(1)と(2)はSEX→膣内射精のあとに出産シーンがくるもので、ヒロインの膣口をこじ開けて出てくる肉塊は、愛液だけでなく精液によってべとべとになって出てきます。(1)シグルドが片足を高々とあげた立ち後背位でSEX→出産。(2)スヴィアは騎乗位でSEX→ベッドの上で寝転んでM字開脚して出産。(3)2人が寄り添って立ち、それぞれ片足を高々とあげた体位で出産。しかも(3)は、何本もの触手が膣口をこじあけての強制出産です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!スヴィアに翻弄された

2007年11月01日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

ストーリー重視のリリス。
もちろんHシーンもはんぱなく凄いんだが、今回結構ハラハラした^^;
だってさ、スヴィアが何考えてるかわかんなかったし。
恐ろしいなぁ。
口数が少ない女はこええ。
この冷酷無比なスヴィアちゃんが、嫌々ながらも少しずつ肉欲に目覚めていくさまは必見です。

北欧神話が題材ですね。
私は北欧神話大好きだったので(*´Д`)かなりよかったです。

陵辱ものなんですが、どういう陵辱かは、種族選択で変わります。
なんと魔界の種族分けもされているというにくい演出^^;ところどころ細かい作りはやっぱリリスさんだなぁ。

絵も綺麗でなかなかいい作品です^^いかがでしょう

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

戦乙女を調教しよう

2007年08月06日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

戦乙女がヒロインなので北欧神話を下敷きとした舞台になっています。
北欧神話に詳しい方ならば作中に出てくる用語や人名にニヤリとする
ことでしょう。
清らかな汚れを知らぬ戦う乙女が邪悪な存在に犯され汚されていくという
展開は、綺麗なものを汚してしまいたいという欲望を刺激されてしまう
所に人気があるのでしょうね。
二人の戦乙女のヒロインは両方とも良かったがメインヒロインのスヴィアが
好きで調教シーンが楽しめた。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

武士道とはシグルドなり

2007年07月31日  

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

北欧神話を意識した世界観であるにもかかわらず、地の文だけでなく台詞の中にまで「Gスポット」などという言葉が出てくるのは御愛嬌。
それはさておき、ゲームの内容は誇り高き女戦士が触手に絡まれたり、搾乳されたり、衆人環視の中で輪姦されたり……というようなBLACK LiLiTHおなじみのパターン。
調教の標的はタイトルにもなっているスヴィア嬢だが、サブヒロインのシグルドも良い。スヴィアと違って調教法は選択できないものの、肉体を改造されて堕ちていく経過がちゃんと描かれている。それにシグルドが受ける責めのほうがスヴィアのそれよりも過激である。終盤、スヴィアと背中合わせに拘束されて焦らし責めに合い、遂には自分から求めてしまうシーンもエロ素晴らしい。ただ、その名シーンが回想モードに収録されていなかったのが残念だった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]