({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2006年10月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
670.97MB

作品内容

中途半端に都会で、中途半端に田舎の町に暮らす主人公の元に、死神マルが現れる。しかしマルは間違って死因や死ぬ時刻をポロリと主人公に告げてしまう。実は死因やそれに関わる内容を当人が知った場合、「死ぬ運命」から外れてしまう。すなわち「死ななくなってしまう」のだ。こうして死ななくてすんだ主人公だが、同時に降格され修行のやり直しをすることになったマルのフォローをしなければならない立場に据えられてしまう。仕方なく、同居生活を始める主人公とマル。闇に紛れて魂の刈り入れ……をしなくちゃいけないハズのマルだが、何を血迷ったか、主人公の学校に転入。「郷にいらば郷に従え。人間社会にとけ込むためには必要なことなのです」学校までも巻き込んで、マルの暴走は続く。

作品情報/動作環境

CPU
PentiumIII 800MHz以上推奨
メモリ
128MB以上推奨
HDD
680MB
VIDEO
VRAM16MB以上
DirectX
DirectX8.1以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ですさいず」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

中出し(2) 天使/悪魔(2) 放尿/おしっこ(2)
日常描写とエロが良かった。

2017年12月28日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

人の死とか扱いが軽すぎてシナリオはそこまで良くは無かったけれど、日常描写とエロはい感じだった。
CGの塗りが綺麗で、この綺麗なCGに縄で縛ったり犬みたいな恰好させたりと、いろいろ凝ったシチュエーションが絡むとなかなか破壊力があった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ちょっと頭が弱い女の子の、放尿にハァハァ

2008年08月12日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

ヒロインである天使・マルは一人称が「マル」。一人称が自分の名前という女の子は、ちょっと頭が弱そうな気がして独特の魅力が感じられました。
 そういうヒロイン、マルを素っ裸にして縄で縛って、身動きできないようにしておいて放尿。きちんと衣服をまとわせていながら、首輪をつけて犬のように四つんばいで歩かせ、とどめに片足をあげさせての放尿。
 おしっこ属性がある人にはお勧めです。また年上系ヒロインの冥土さんとマルを抱き合わせての3Pなども楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

内容は値段相応の出来

2007年09月12日  

このレビューは参考になった×1人

押しかけられ型AVGで、死神(告死天使)のマルとその従者の冥土さんが繰り広げるドタバタ劇。

選択肢の数は少なく物語も短いから、簡単にクリアできると思う。シチュエーションの数は値段相応といったところ。CGはサンプル画像にあるような出来だから確認してみたほうがいいだろう。それと、チェーンリアクションにしてはおしっこがが少なかった。

普段の性格はマルはボケボケ、冥土さんは冷静といったところ。マルのほうはシチュエーションがいくつかあるけど、冥土さんは変わったのはなし。

値段もそんなに高くなくて、それなりに楽しめる作品だと思う。個人的には白のスク水があったのがうれしかった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]