({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2006年09月17日
年齢指定
作品形式
動画 / WindowsMediaVideoアニメーション
ファイル形式
WMV / WindowsMediaVideo9
その他
ジャンル
ファイル容量
168.02MB

作品内容

WMV形式:約15分 Windowsメディアプレイヤーで閲覧可能

〜ストーリー〜
舞台は「とある東北地方の武家屋敷」
美しい側室は今夜も愛する若殿に寝物語を語り出す。
「今宵の艶(つや)物語は・・・」

時は戦国の世。ある小国の城が落城したのでございます。
一族、家臣のすべてが敵に殺される中、落ち延びた荻姫と家臣の親吾・・・
「荻姫を追え!」
敵の兵士たちの執拗な捜索にたちまち二人は取り囲まれてしまいました。
果たして彼女たちは追っ手を振り切り逃げおおせることができるのでしょうか・・・

なんとか敵の囲みを抜けるも、家臣とはぐれてしまった荻姫。
崖から落ち、気を失い、すぐさまとらわれの身に・・・
落ち延びた彼女を過酷な運命が待ち受けていました。

「や・やめろ!放せ!下郎ども!」
「おとなしくしねぇか!そうすれば痛い思いをしないでも済むぞ。」

汚らわしい男たちに弄ばれる萩姫・・・
激しい責めに耐え続けた彼女・・・親吾と再開することはできるのでしょうか?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「雪夜一夜物語 第二夜 「女痴武者」」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

歴史/時代物(3) 女王様/お姫様(2)
昔々……

2007年08月06日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

原作なしのオリジナルアニメーション。
値段からすると意外なほど、きっちりと製作されている。
寝物語と言う位置づけで、続き物のようで直接的なつながりがない。
なので前作を知らなくても問題ない。

エッチシーンは2種類。
殿様と側室の、落ち延び逃亡した姫と落ち武者狩りたちの話。
メインは姫の方。
黒髪のお姫様が男に弄ばれるのだが、高貴な女を汚すシチュエーションがとても良い。
気丈に抵抗する姫が、興奮を更に盛り上げる。
胸を弄られ、白濁に染まっていく姿はとても卑猥だ。

起承転結しっかりと構成されており、めでたしめでたしで終わるので清々しい。
作品としてみた場合、非常に質の高いものに仕上がっている。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!お話のしっとり感が好き

2007年07月18日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

眠れないお、これお主、何か面白い話をしてたもれ、と言った感じのシリーズ作品。
その時代だと本当にありそうな話だから困る。
良い終わり方と言うか、綺麗にオチをつけているというか、昔話的なオチのつけかたをしているので、シナリオ考える方をちょっと尊敬した。
勿論エロアニメも問題ないし、充分使えるので興味あったら手を出すと良いかも。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!和?姦

2007年07月05日  

このレビューは参考になった×1人

時間にすれば少々短い気がするが、値段からすれば見所は充分。
和風テイストなところも、個人的に気に入っている。
多少使い回しシーンも目に付くが、総合的にみれば許容範囲。

これだけ動かしてお手頃価格での提供は、ありがたいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]