同人 > アトリエ リンボウ > ホイララ > 鈴音の実験記録2

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年06月07日
最終更新日2016年07月30日
シリーズ名ホイララ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

●この作品は、少女が人体実験をされる、エッチで残酷なフィクションです。
●主人公は「アイ●ールド21」のヒロイン・鈴音(すずな)です。
●彼女が宇宙人に「実験」「レイプ」をされるアダルト小説です。
●少女への人体実験という「背徳の時間」をお楽しみ頂く作品です☆

【ストーリー】
真っ青な空と、どこまでも続く荒野の一本道(ハイウェイ)。
一人旅の少女・鈴音(すずな)は、異国の地で宇宙人と遭遇し、路上でエッチな実験をされる。
「こんな元気で麻酔効かない奴は初めてでちゅ!」
「やだぁあー!おま●このもソレもどっちも抜けぇええ!!」
まぬけなやりとりから始まった検査は、舞台をUFOへ移し、次第にエスカレートしていく…
「そっ…それ私のアソコの中に入れたの…?」
「スズナを立派なメスに仕上げてあげまちゅからね…♪」
時間をかけ、執拗に繰り返される乳房と性器への実験…
やがて訪れる結末は、「あなた」が鈴音の運命をお選び頂けます…♪

【内容】
●イラスト18枚(内、差分イラストが2枚)、小説は全16話です。
●原作には登場しないキャラクターなど、オリジナル要素を含みます。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ024000
ファイル名/ファイル容量
RJ024000.zip / 87.62MB (91881308Byte)

バージョンアップ情報

  • 2016年07月30日
    その他
    販売より年月が過ぎてからの修正、申し訳ございません。
    ・12話からのリンク先を修正。
    ・タイトル画像の題字を変更。

鈴音の実験記録2の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「鈴音の実験記録2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!やっぱりいいなぁ。。

2007年08月07日  

このレビューは参考になった×0人

ホイラタ待望の続編です。
前作よりもぐっと、読みやすい形式になりました。(CG付きのSS集です。)

アイ○ールドの鈴音が主人公ということですが、原作を知らない私も楽しめました。
宇宙人との愛のセックス(触手)で、やがて妊娠してしまいます。(過程の描写が非常に丁寧で、エロいです。)
段々と壊れていく少女が好きな方は購入を検討してみるといいかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ありきたりな感じに飽きた方に

2007年07月06日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ア○シールド21の鈴音が宇宙人に拉致されていろいろなことをされてしまいます。

人体実験という内容ですが、宇宙人の不思議なコミカルさもあって陰惨な雰囲気はないです。

絵はサムネイルやHPを見ていただいたらわかるように原作とは全く違いますね。
癖のある絵柄ですが、不思議な綺麗さとでも言うべき物があり、文章と相まって独特な雰囲気を醸し出しています。

少しかわった感じの、しかし良い作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]