({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2006年04月29日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
7.34MB

作品内容

N○RUTOキャラ陵辱デジコミ第二弾は、多○也です。

サ○ケ奪還作戦でテ○リに重症を負わされた多○也は、
木ノ葉の医療チームにより治療され、地下独房に監禁される。
そこで多○也を待っていたのは、
大名に奉仕する為の肉穴としての人生だった。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「忍者依存症Vol.2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 5件

多○也を凌辱三昧!

2010年07月07日  

このレビューは参考になった×0人

気の強い女を無理矢理イかせる!

犯されても憎まれ口を叩いていた多○也が、
肉壁内のツボをいじり倒され陥落し、
抵抗する気力を失って肉人形と化します。

頭を鷲掴みにして、喉奥までチ○コをぶち込んでのイラマチオが特に刺さりました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!過激に多由○を犯します

2008年06月18日   投稿数 : 10位

このレビューは参考になった×0人

NAR○TOの音忍・多由○オンリーの陵辱漫画です。
サス○奪還編の直後の話で、森の中で倒れている多○也が木の葉の里に連れて行かれて、男たちに輪姦される展開になっています。
持ち前の気の強さで何とか逆らおうとしますが、無理矢理イかされたり喉奥まで肉棒を突きこまれたりして、挙句に処女を奪われ激しく犯されてだんだんと抵抗力を失っていきます。
断面図が表示されたり眼射等のアブノーマルなものもあります。
状態2でのHがないのは残念ですが、あの毒舌で強気な多由○が容赦ない陵辱を受けて男たちのされるがままになり、精液まみれになるのは爽快です。
実用性重視の内容で、絵柄とあわせて気に入った方はぜひお勧め。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!キャラ選択がマニアック

2007年08月06日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

やっぱり、ここのサークルさんは絵が上手い。
ストーリー的にも満足でしたし、つかえる作品だと思う。
原作の流れから、後日談てきに来ているが無理の無い設定で好感がもてた。
他の作品も購入しているが、どれもレベルが高く良い。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!多○也です

2007年06月29日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

前作では山○いのちゃんと日○ヒナタちゃんの予告発言をしていたのですが、今回は多○也がエジキです。
とはいってもこの作者の画力はさすがです。ミドルティーン位の多○也の身体を存分に味わえます。

今回は輪姦色強いです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!このキャラが好きなら是非!

2007年06月19日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

このキャラがお気に入りだったので購入。
絵は安定して巧いし、絵柄も原作の雰囲気に近くて、充分楽しめました。
原作ファンにオススメしたい作品です。
ただ、死に物狂いで抵抗したり、泣き叫んだり、といったことは無いので、あんまり「無理矢理」という感じではないかも。
それでも、汚いオヤジ達に玩具にされるというシチュエーションは充分エロいです。
あと、眼射なんてものがあるなんて…初めて知りましたよ…

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]