({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2006年03月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24ページ
ジャンル
ファイル容量
21.66MB

作品内容

コスプレに密かな興味を抱いた凛は、遠坂邸で一人カーテンを閉め、
あの魔法少女をもう一度羞恥プレイ。
そこをカレンに見つかってしまい、
「それは自慰ですね、遠○凛」
と、言われてはならない一言。
そして、女の戦い勃発。
「あんただって、スカート穿き忘れてるでしょうがー!」
必死に反論するも、カレンはそれを
「ええ。性行為を誘う為の格好ですから」
とエロの塊みたいな台詞を堂々ろのたまった。
「(ヤれるわ…!)」
魔法少女姿を見られた凛は、
恥ずかしさをまた新たな恥ずかしさで塗り潰すかのように、
コスプレエッチに身を投じていきます…☆

果たして凛が美少女好きになった真相は?
凛は想いを寄せる、ある人物とは?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「—Lezmoe Style— TIGER GYM」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件