同人 > 水鏡 > 灯穂奇譚

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■基4%原画・ホラー系伝奇ノベル!!

村に残る、謎の風習。

「夜に大声を出してはいけない」
「夜に人と争ってはいけない」
「月の無い夜に、女性は人前に姿を見せてはいけない」

全て、同じ苗字の村民。

神社の奥に奉られているという“祠さま”。
夏の日差しの裏側にある、月光さえも届かぬ世界。
その目に映る幾多の灯火は、何を導き、何を語りかけるのか——。

■水鏡HP
http://www.mizu-kagami.jp/

作品情報/動作環境

作品番号
RJ021838
ファイル名/ファイル容量
RJ021838.zip / 447.42MB (469154918Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「灯穂奇譚」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 5件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

感動(3) 少女(3) 巫女(3) 伝奇(3) 制服(2) 幼なじみ(2)

設定の作り込みが良い

2012年04月15日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

この作品の原画家のファンということもあり、購入しました。

レビュータイトルにも書きましたが、設定の作り込みが非常によく、テキストの続きが気になりクリックが進みます。

非常に内容は良いのですが、値段の割に文量が少ないのがネックです。Hシーンも少ないですね。全体としてもエロ要素はそれほどないです。

絵は非常に綺麗で満足できました。良い作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!すごくよかった!

2008年02月01日  

このレビューは参考になった×0人

まず、シナリオがすごく良かった。
そしてCGもとても綺麗ですごく良かった。
日本古史が好きな方には更に良いのではないかと思う。
設定もよく練ってあり、民俗学を元に置き、幻想を織り交ぜたストーリーは必見。
また、ところどころに僅かな笑いも混ぜてあり、ある少女の武勇談には思わず笑ってしまった。
そして、素晴らしいシナリオのソレを引き立てるBGMの数々。
謎めいた世界に魅力を感じる諸兄にオススメしたい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

物語としては高評価できると思います

2007年08月16日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

物語の質自体は非常にいいと思います。民俗学とオカルトという要素がうまく使えていますし、特に民俗学に関しては考察が非常に深いです。しかも薀蓄を延々と資料という形で語りつつも、きちんと必要な結論だけを一言でまとめてもあり、読むのが苦痛ということもありませんでした。
登場人物も主人公を含めて五人、という点で無駄がありません。全員の心理描写も無理がなく、一人ひとりの行動にも疑問を抱くことなくすんなりと受け入れられます。
文章も明るい場面は楽しく、不気味な場面は恐ろしく(普通に怖かったですw)、とメリハリがあって、読んでいて引き込まれました(連続で同一人物の台詞を置いたりするのは少し違和感ありましたし、表現も標準という感じではありましたが)。

ただ主人公の心理状態がきちんと考え抜かれているせいなのか、物語の途中にある選択肢はどれを選んでも、主人公がその後に取る行動に変化があまりないです。攻略ルートの変更のためにある選択肢、って感じだと思います。
それに登場する四人の女性の中で攻略できるのは二人だけ、という点も……まあ、物語の内容からして、それが自然だとは思うんですけどね。もうちょっとエンディングの数や選択肢の物語への影響を持たせてほしかったかも。

無駄がなく、綺麗な物語。伝奇物としても完成しているけど、ゲーム性はちょっと……という感じです。
ただ、トルゥーエンドは泣けますw 数多ある「綺麗な物語」を好む人には、とてもお薦めできる作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!高品質

2007年08月15日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

夏の田舎を舞台にした伝奇作品。
文章・絵・音楽がとても高品質で、それが故に場面場面の雰囲気が良く、
感動的なストーリーを盛り上げてくれます。
ボリュームは中編といった所でしょうか。

伝承、民話、社(やしろ)などという単語にぐっとくる人や、
雰囲気があるエロを求める人にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!感動した

2007年07月31日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

キャラへの感情に深く同調できるテキストに
そこからのぞかせる哲学的な匂いがある作品だと思う。
ラストシーンには今でも深く感動できる。
エロさよりも話として完結している作品。
さらにOPの曲も十二分にその匂いを漂わせる名曲だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]