({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2006年02月04日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
101.32MB

作品内容

着衣緊縛CG集。
ComicMarket63にて頒布したCD-ROMと同じ内容です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「F-ismVol.5」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

緊縛系CG集

2013年04月22日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

縛られた女の子たちのCG集です。

裸状態ではなく、着衣のうえでの緊縛というところに作品ないしサークルのこだわりを感じます。
一枚絵のようにも見えますが、いくつかクリックできるところがあり、そうするとズームアップできたりするので、そういった面も面白いと思いました。

着衣緊縛系が好きな方にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

縛って「弄る」のが好きな人に

2012年01月25日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

いわゆる緊縛CG集だが、本番中のCGは無い(本番前のやり取りというかセリフはあるが)

その代わり、縛られた女の子の特定の部分をクリックすると対応したセリフを言うようになっています。
文章と表情が変わるだけとはいえ、まるで実際に弄っているような感覚。
これで840円はお買い得だと思います。

ただ相手の動きを制限して犯すためだけの緊縛ではなく、縛りそのもの、着衣の上から縛って鑑賞したり、脱がさず弄ったりを楽しみたい人向け。

あと注意として、上にあげた仕様は全部にある訳じゃないです。
見本で絵の下にメッセージがある奴だけなんでそこは注意。
もちろん無くても十分楽しめる美麗CG集ではあるのですが。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

絶品な作品

2010年07月28日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

多方面で活躍されているサークル様の作品です。
束縛系のCGがたくさん入っています。
コスチュームプレイ的な要素が強く非常に綺麗な作品です。
緊縛ながらハードな展開ではなく、むしろ萌えを感じた作品でした。

有名な作者様だけにCGはすばらしいです。
ファンならずとも是非手に取って頂きたい作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

どこか美学的な世界

2007年06月20日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

SM、それも緊縛というのは、突き詰めていくと美学というか、一種の芸術になっちゃう部分があるようで。
 この作品もどこか、いわゆる「抜きネタ」とは微妙に違う、芸術めいた空気を発しているように思えます。なので、とにかく腰突きこんでいれば良いとか、女性が喘いでれば良いというような基準でこの作品を選ぶと、少し、否かなり拍子抜けするかも知れません。
 一方で、その独特な空気が分かる人には、恐らくこれ以上ないくらい満足度の高い作品として見る事ができるのではないでしょうか。

 作中、緊縛されている女性にはセリフも添えられていますが、これも上記「独特の空気」を強化する以上の効果はありません。喘ぎ声などで興奮を煽るような質のものではなく。
 やはりこの作品の最大の価値は、どこか「芸術」に近い、美麗な絵、美麗な緊縛なのでしょう。

 お好きな方は、是非どうぞ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]