({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 地下室フォローする
販売日 2005年12月23日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
23.36MB

作品内容

数億ドルの価値といわれる宝玉を不法に入手した暗黒教団から奪い返す依頼を受けた女スパイは、アジア密林地帯の秘境に拠点を置く暗黒教団に潜入した。
そこでは若き女教祖が「神の手」という特殊能力を使い、生贄となる生娘に淫猥な儀式を毎夜繰り広げていた。
女スパイは若き女教祖の性癖に目を付け、その豊満なフェロモンボディを駆使して、宝玉の在り処を示すICチップの一部を手に入れる。
しかし、それは彼女にとって大きな過ちを生む結果となった。
女スパイはICチップを盗んだスパイとして捕らえられてしまったのだ。
ICチップを取り戻す為に女教祖が「神の手」で女スパイの身体を責める。

器具も薬剤も使わず、出血もなく相手の体内に「手」を潜り込ませ、必要であれば臓器ですら「そのまま」取り出せる特殊な能力、「神の手」。
古代では「治療」のひとつとして行われていたが、若き女教祖は女体を外側と内側からその「感触」を愉しむ為に「神の手」を使う。

熟れた乳房を皮膚の中身から乳肉を直接揉みこまれ、生理が近付きパンパンに膨れた子宮を鷲掴みにされる女スパイ。

SS付きCG集。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「女スパイ淫猥拷問 FUJIKO」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

レズ/女同士(4) 人体改造(4) 拷問(2)
おすすめ!内側から

2017年05月27日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!双球のファスナー

2008年05月01日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

CG数は9枚(非エロを含まず)。内訳は不○子とルシールの和姦レズが2枚。不○子の子宮責めと乳責めと乳チャックも2枚ずつ。ルシールに玩ばれる名も無き娘たちが1枚。
上で挙げた乳チャックというのは文字通り乳房にチャックを付けてしまうこと。そのチャックを開けて断面にバイブを突き込んだり、「神の手」で子宮を摘出したり、乳房の内部をこねくり回したり……と、常軌を逸した拷問が不○子に加えられる。また、名も無き娘たちがルシールに惨たらしく責め殺されたことが文中でほのめかされたりもする(直接的な描写はない)。
ボリュームの点では続編の「婦警淫辱」に劣るが、グロ度は本作のほうが勝っているかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!じつに淫靡な雰囲気♪

2007年07月11日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

HTMLで見るショートストーリー付きCG集。
CG10枚、BMP画像同梱です。
黒バックに白文字のテキストは文字サイズが小さめでチカチカして
オヤジの目にはちょっときついなあ。
ページによっては白の明度を少しさげてるのもあるのだが・・・。
心霊手術の要領で体内を責めるアイディアは秀逸。
色気のある上手い絵と相まって淫靡な雰囲気に。
出血は無いが内臓などの場面があるのでグロ傾向があるので注意。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

FUJIKO

2007年06月26日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

みなさん、ご存知のFUJIKOのCG+ノベルものです。まず目に付くのは絵がきれいだということです。独特の絵ですがなかなか味があっていいと思います。肝心の中身のほうもエロくできており、文章とあいまって良いと思います。特に、「内側」から弄られる拷問のシーンはすばらしかったです。ただ、最後のほうに人体改造があったので苦手な人は注意されたほうがいいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]