({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2005年10月09日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
9.37MB

作品内容

ジャンル:巨乳ふたなり・汁だく

作品内容:文章付きパロイラスト3編、
     オリジナルコミック1編を収録。

     ・射精、勃起の段階表示(最高10段階)
     ・射精GIFアニメーション 1つ
     ・イラスト合計(バリエーション込み) 40枚
     ・コミック16ページ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「双葉堂 紅社」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

汁/液大量(3) ふたなり(3) 巨根(3) オナニー(2) 淫乱(2)
おすすめ!いい作品に巡り会えた

2008年08月04日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

原作は知らないのですが、3人のキャラのうちではマリアがメイン。
基本CGは一枚ですが、その中にも複数のシチュエーションがあり、
それによってちょっとずつ違った射精が拝めます。
が、いずれにしても大量にぶっ放しているのには違いありません。
差分をたっぷり使い、リットル単位の精液を何発も発射する様にはお世話になるのではないでしょうか。

他の二人は一種類のシチュと差分しかありませんが、片方は射精時にgifアニメがあります。
射精差分をつなげたような大味なものですが、悪くないです。

あと、同作品に掲載されているショートコミックですが、実はこれが一番のおすすめ要素だったりします(笑)
このサークル様はCG集のイメージが強かったので「こんな風にも描けるのか」と。
絵は綺麗だし話の構成や構図も上手だと思うし、相変わらず汁気も多く実用性が高い。
下手な同人誌よりもよっぽど漫画らしくて驚きました。
CG目的で買っただけに、こんなに良いものが読めるとは思いませんでしたね。
(ふたなり娘がパイズリされて天井まで精液噴射したり、お相手の巫女さんが大量に中出しされ、
膣内からすごい勢いで精液を飛ばしてふたなり娘にぶっかけたりします)

ふたなり・大量射精が好みなら買って損はしません。おすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ふたなりで汁だしまくり

2007年09月13日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

この作品に出てくるふたなりはかなりの巨根ぞろいです。
そしていずれもかなりの汁を出すため全体的に濃いです。
でもちょっとコミカルな部分もあるのでわりと気楽に安心して見られるのがポイント。
多少人は選ぶもののクオリティは高いです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

マリア・リルカ・アナスタシアが好きなら

2007年06月26日  

このレビューは参考になった×0人

すっかりふたなりの気持ちよさにはまってしまったリルカとマリアとアナスタシアのお話。
マリアのシーンがもっとも多く他二人は一発ネタといった印象。
格別独特な部分は無いが、その3キャラが好きでふたなり好きなら価値ありではないだろうか。
それ以外の点がお勧めできないごく普通のふたなり作品ではあるが
3キャラとも好きな私はかなり気に入っているので同じキャラが好きな人にはお勧めしたい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]