({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2005年04月16日
年齢指定
作品形式
その他ゲーム
/ 言葉責めゲーム
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
49.11MB

作品内容

 そこには・・・精気は存在していなかった。
 生きる屍、ゾンビの街。
 すべての命はそこでは異形のものとなり、死のためのエサとしか意味をなさない。
 そんな街に、不似合いな声が響き渡る。

 わたしの○○○○を・・・どうか・・・○○してください。
 ○○○○!?
 それは、生きているものですら口に出すのも恥ずかしい、禁じられた言葉であった。

 その言葉を話すもの。
 それはゾンビと闘っているはずの、ジ○・バレンタインだった。
 彼女はゾンビたちとの闘いに負けてしまい、捕らえられ、好きなことをされ、恥ずかしい言葉を話す、お人形にされてしまっている。

 ・・・いいや違う。
 ちがう、ちがう、ちがう。
 お人形はこんなかわいいものじゃない。
 これは恥ずかしいことを話すインギョウ。
 人形ではなく隠形。
 ジ○は人の形にもなれない、哀れな隠形に陥ってしまったのか・・・。

 好きな言葉を言わせて遊ぶ「お口でいんごぉ〜!」。
 今回は「バイ○ハザード」のジ○・バレンタインだよっ!

 どんなお言葉でも上のお口で話すと同時に、下のお口に触手、後ろの穴にゾンビのモノを挿入されちゃうジ○。
 衣装もバイ○3の衣装・ポリスガール(婦人警官)・制服の各3タイプに、濡れているバージョンをプラスして6タイプをご用意。
 いろいろなシチュエーションでたっぷり言葉責めが楽しめますです(^^)。

 死者たちの隠形となってしまったジ○。
 その精気を感じない存在となってしまったなかで、発せられる言葉だけはかすかな命を感じとることが。
 それはたとえ肉体は崩れようとも、輝きを失いたくないジ○の心の魂なのか。
 それとも・・・。
 自分の意志を超越した言葉を発する隠形のジ○。
 それは、生きながらも死んでいる生きる屍の真の姿だろうか?
 
 さあ自由自在の言葉をジ○に言わせて、みんなで楽しもぉ〜☆

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「お口でいんごぉ~! 「生きる屍 ジ○隠形」(WIN版)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件