({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2005年02月24日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
51.17MB
  • この作品は「ユーザー認証型」の作品です。 ユーザー認証について ]
  • この作品はmacOSには非対応です。 macOSでは閲覧できませんのでご注意ください。

作品内容

 地獄と化したラク○ンシティ。
 ジル・バレ○タインは、襲いかかる生きる屍(ゾンビ)と闘いながら脱出できる路を探していた。
 だが、無数に存在するゾンビの前では、女性のジルではあまりにも非力だった。
 奴らの手触りを、舌触りを、モノ自身を感じさせられ、正気を失いかけてしまう。
 このままこいつらの玩具になってしまうのか?
 そんなジルの前に現れた一人の少女。
 名前はシェリー・バ○キン。
 はぐれた両親を探している女の子だ。
 ジルはシェリーをまもるため、我が身を犠牲にしてゾンビたちと対決する。
 ゾンビ、触手、そして追跡者の巨大なモノをすべて受け入れ、ただの玩具と化してしまうジル。
 それでもシェリーさえ無事でいてくれたらと、犠牲になっていることを歓びすらしてしまう。
 だがそのシェリーは・・・。

 バイオ○ザードでおなじみのジルとシェリーが、沢山のゾンビさんにあんなことやこんなことをされちゃうデジコミだよっ!
 ゾンビだけではなく触手があるところもいいよねっ☆
 もちろんジルもシェリーもアニメして声を出して騒ぎまくっちゃうから、にぎやかなことこの上なしっ!

 少女の光る眼に映る涙。
 それは悲しみ、それとも哀れみを意味するのだろうか?
 少女にとっては銃であろうとナイフであろうと、自分自身でさえ凶器となってしまうのか。
 正気を亡くした街に、恐怖と哀しみが交差する。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「バイこハザード ジルじる汁シェリー酒風味」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件