({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2004年06月13日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ジャンル
ファイル容量
37.24KB

作品内容

抜粋:にわかに立ち込めた淫靡の匂いは、やはり自分が感じた官能の呼び水、その通りだった。時魅はその前後が筒抜けとなっているスケベ椅子に、梨香子の背中側から両足を通し、胴体をくぐらせ、貌をドッシリと安置されている肉臀の真下に添える。椅子に通した脚をまん繰り返えし、大きくV字に広げ、恥ずかしいデルタを梨香子の方に剥き上げた。梨香子は突如とした目の前に咲いた薔薇の花弁に瞳を白黒させ、だが匂ってくる幼くも艶かしい性臭に鼻孔を拡げ、吸い込んだ。半萎えしていた肉茎に再び怒気が走り、ドクンと鼓動し、幹先を腹部に打ち付け、子宮に堪っているものを花弁に押し出す。時魅はその愛液を舐め、喉を潤し、花弁をヒク付かせた。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「肛門の美容師 仕挽時魅」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件