({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 A.S.G.フォローする
販売日 2001年10月30日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ジャンル
-
ファイル容量
9.43MB

作品内容

俺は何故ここに居るのだろう…。
歪み、偏った心を持っているのは事実だ。
淫欲にまみれた館に惹かれ訪れたのも事実だ。
然し、どこでその噂を聞いたのだろう?
館に辿り着いた経緯も、全く思い出せない。

『俺は一体ココで何をしたいのだろう?』

赤月は満ち、赤い光で館を包んでいた。
欲情に素直になれ、理性を破れと囁く闇の声。
むせ返る様に、蝋や、淫水の匂いが立ちこめる。
俺は、一体何者なのか、既に思い出せない…。
この館には俺を狂わせる何かを感じる…。
俺は、何を求めて、この回廊をさ迷うのだろう。
赤月は、俺を惑わすように、赤い光を放っている。
あの光を見る度に、俺の中に何かを感じる…。

『縛る。蝋を垂らす。更なる陵辱をオマエに…』

館の深淵では、何かが起ころうとしていた。

オムニバス鍵集めゲームです。たいへん卑猥な内容に仕上がっています。詳細: http://www.ne.jp/asahi/4/asg/dl/x18.html#mod_brm2

注意事項

95/NT4 : 要 IE3.02J 以降、NT4 : 要 SP3 以降
Pentium 以降または互換プロセッサ (200MHz 以上推奨)
Memory : 32MB 以上、IE4/5 → +8MB、IE5.5/6 → +8MB、NT4/2000 → +8MB (128MB 以上推奨)
Wave サウンド機能
Video : 640×480 ハイカラー(15/16bpp)以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「闇の館 ~ 赤月の宴 ~ 第弐章『緊縛と蝋の下僕』」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件