({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2002年07月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数48ページ
ジャンル
-
ファイル容量
6.78MB

作品内容

官能画集シリーズ第2弾。今回のテーマは「機械」です。不気味なメカニックに拘束され、責め抜かれる女体のエロス!!人間ともモンスターとも違う官能イラストをお楽しみ下さい。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「機械淫刑官能画集」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

おすすめ!機械に犯される・犯す

2008年07月01日  

このレビューは参考になった×1人

機械による拘束陵辱に特化した作品集です。
いろいろなシチュエーションがあり、ロボ娘が陵辱(破壊・メンテナンス中)というのも収録されており、ロボ娘陵辱属性がある方にもオススメしたい作品です。
陵辱専用メカによる拘束陵辱なシーンも多く、そのバリエーションは本作品のタイトルにもなっているように豊富です。
CGという形式ですが、元は同人誌のように見受けられます。
デジタル的な美麗さは少し心もとないですが画像は十分に大きく収録されており、豊富なフェチ画集としては実用十分です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

がっちりと

2007年06月26日  

このレビューは参考になった×0人

いろんなタイプのキャラクターが、拘束されてバイブとか突っ込まれて責められちゃってます。
前編モノクロ作品です。
短い小説も収録されています。

単体キャラでの責めばかりで、物足りない感じはしますが、拘束されているシチュエーションが好みなら良いかもしれないですね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

機器怪快

2007年06月25日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

女性が機械に犯されるイラストだけでなく、機械の女性(サイボーグだかアンドロイドだか)が犯されるイラストも含まれている。私はどちらのシチュエーションも好きだが、できれば一方に特化してほしかった。
収録されているイラストの中には木○ゆきとの「銃○」を意識したと思われるものがある。エロパロ界ではあまり見ることのない(そうでもない?)作品だったので妙にツボに入った。ただし、ガ○ィが犯られているというわけではない。
なお、他の「官能写真集」シリーズがそうであるように、この作品の絵師も玉石混合である。お目当ての絵師のイラストがどれくらいあるのか——という基準で購入を決める人のため、以下に内訳を記しておく。
榊村正氏、5枚(表紙含む)。森村たまご氏、4枚。お茶っ葉氏、6枚。IZAYOI氏、4枚。大村1000吉氏、5枚(裏表紙含む)。伊集院充氏、4枚。Nike氏、4枚。水神有気氏、5枚。および鳳翔怜のSSが2ページ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

機械淫刑官能画集

2007年06月22日  

このレビューは参考になった×1人

テーマが「機械」というだけあって濃いタッチで描かれた女体が
手足はもちろんさまざまな部分まで拘束ならぬ固定されて
責め抜かれている画集。
ただ責められているよりも、逃げたくても逃げることのできない!
といったシュチュエーション好きの方には是非おすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]