同人 > グローバルワン > ダークエートス下巻

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2005年04月15日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数177ページ
ジャンル

作品内容

麗しき人妻、江美子の調教は秘密の場所に有る。非合法の病院の中で始まる恐ろしい責めと恥のオンパレードが江美子の肉体を改造していく。看守が双ナリの看護婦がそしてマッドサイエンティストが江美子に地獄の肛姦持問責めをくわえるのだった!

作品情報/動作環境

作品番号
RJ004211
ファイル名/ファイル容量
RJ004211.zip / 20.25MB (21236496Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ダークエートス下巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

人妻(3) 首輪/鎖/拘束具(2) 監禁(2)

ダークエートス下巻

2007年08月14日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

前作よりも、ハードな責めが印象的でした。
シナリオもいよいよクライマックスという感じで
ラストはきっちりシメてあり、外伝による補足的漫画もまたよく。
エロ抜きでも内容のよい漫画で購入してよかったなと。
しかしエロもしっかりとあり、エロ描写は汁のしたたるシーンが多く
個人的に好きな感じに仕上がっていました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

恥辱の黙示録

2007年07月10日  

このレビューは参考になった×1人

上巻は普通(?)の人妻監禁凌辱調教物語だったが、この下巻ではヒロインが「あらゆる痛みを快楽に変え どんな傷でもたちどころに再生してしまう魔法の薬」を注射されてしまうため、かなり常軌を逸した責めが出てくる(舌を噛みちぎられたりとか……)。
終盤は、疾走する電車の上でオヤジたちが格闘戦を繰り広げるという熱い展開になってエロ要素が薄くなってしまうが、巻末に収録された外伝がそれを補ってくれるので問題はない。外伝でヒロインに加えられる責め苦も本編に負けないほど過激なものなので、心臓の弱い方は要注意。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

作品はお薦め、媒体はちょっと

2007年07月04日  

このレビューは参考になった×1人

超一流のプロ作家のMARO先生の代表作の一つですね。単行本としても発表されていますが、ご本人の個人サークルのデジタル形態での発表は嬉しいことです。

 この下巻は、ストーリー(アクション)重視ながらも、SMプレイも変態度が増して、中身が濃いものです。主要キャラも全て魅力的です(江美子さんをはじめてとする女性キャラはもちろん、親父たちが熱いです。とても熱いです。ヤローキャラに好感を持たせ、かっこよく描けるのは、やっぱりそれなりの人格がなければいけないのでしょうか)。

 というわけで、文句なしの名作!な筈なんですが…
 ファイルとしては、PDFの解像度が低すぎる感じがしました。
 もう少し解像度を上げて再発表してもらえないでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]