同人 > 幻灯会 > 一九九九年世界は終わる。

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 幻灯会フォローする
販売日 2005年03月31日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数38ページ
ジャンル
-

作品内容

ものごころついた頃から「1999年に人類は滅亡する」と聞きながら育った世代にとってはまるで呪いの言葉のように心のどこかでそれを信じながら1999年を迎えたのではないだろうか?そんな世代に向けて水原賢治の送るエッセイ風マンガ。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ004165
ファイル名/ファイル容量
RJ004165.zip / 18.74MB (19645786Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「一九九九年世界は終わる。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!30代の人は読んだ方が良い!

2013年09月23日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

色々考えさせられる作品です。
忘れていた『何か』を、考えてみるのも良いかもしれません。

ネタばれしてもいけないので、簡単なレビユーにしておきます。

とにかく、読んで見て下さい。
良いお話です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]