同人 > エロペット研究所 > エロペット研究所 研究報告 with なりじゅな

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2003年08月03日
年齢指定
作品形式
同人ソフトCG+ノベル / ふたなりいじめられっこ作品
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

ふたなりさんが登校途中の電車で同じ学校の子達に囲まれて、触られたり、握られたり、撫でられたり、弄られたり、舐られたり、吸われたり、あまつさえ自分が出したものを身体に垂らされたり、口移しで飲まされたり、身体にかかっているのを舐め取る事を強要されたりして苛められると言う、まことに凄惨極まりない作品。

 いじめ、かっこ悪い---(ゾノ)

ジャンル:ふたなり
ジャンル:着たまま
ジャンル:痴漢電車
ジャンル:口移し
ジャンル:汁だく
ジャンル:レズ
ジャンル:巨乳
ジャンル:いじめられっこ

の、八つのジャンルを搭載。

 エロペット研究所研究報告「なりじゅな」
どうぞご照覧あれ。

#
 基本CG 5枚。ストーリーの進行に合わせてそれぞれ差分が用意されています。本編イラストには「600 x 800」「768 x 1024」の二つの大きさが用意されており、ストーリーを読み進めている途中でも大きさを変更できるように設計されています。
 ストーリーの分量はテキストファイルで 22.855 バイト 全角文字で1365文字以上です。

 おまけとして「こんにちはエロペット研究所 Vol.01」を同梱。日々の落描き等が掲載されています。そこに掲載されているイラストはモノクロ3枚、カラー4枚の計7枚が収録されています。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ002827
ファイル名/ファイル容量
RJ002827.zip / 13.34MB (13983522Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「エロペット研究所 研究報告 with なりじゅな」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!読ませる文章

2011年12月28日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ですね

文章量が多すぎたり、硬すぎたりすると中々CGをみながら行為にふけるのが難しかったりしますが、この作品にはそれがありません

難しいことを考えずに、作品の流れに乗ることが可能です

女子の園、楽園を覗き見したい人にはお奨めです

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

エロペット研究所 研究報告 with なりじゅな

2007年06月22日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

基本絵が少なめの差分ありに落書きのイラスト付きでした。
個人的に基本絵が少なめは好きではありませんでしたが、ノベルに合わせて
ちょっとずつ変化していく差分にちょっとドキドキw
基本絵自体も我慢しながらの責められ絵でワクワクでした。
ノベルを読んでいると絵がスクロール上見えないので
2つ開いて絵とノベルに分けて同時に見れるようにしてみると
よりストーリーの情景が伝わってきてよいと思います。
お値段安めなのに特した気になれる作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]