同人 > ソフトさーくるクレージュ > Double Inpact

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

デジタルコミックが2本はいってお徳です。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ001765
ファイル名/ファイル容量
RJ001765.zip / 2.28MB (2395233Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Double Inpact」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

初めて読んでも懐かしいWin95をVistaで

2008年04月16日  

このレビューは参考になった×0人

最初に思い浮かんだ言葉は、「MSX」、「3 1/2フロッピー」、「256色」
などでした。

クリックで進むデジタルコミックが2話、1)女子大生2人が年下の男の子と、
2)駄目男が近所の女の子を睡眠薬レイプという、お話も至ってシンプルな作品です。

絵も上記の表紙から分かるような基本中の基本、画像技術もたぶん一歩間違えれば
16色と思われそうなものが10枚ずつ(行為中はその約半分)です。
絵師は、今もトップレベルのポチ加藤さんなどです。

でありながら、「びくん」ときたりしましたから、侮れないものです(こういう作品は
技術ではない、雰囲気作りと絵・文の配合だという結論は出したくないですが)。
個人的にはむしろ、いろんな意味で「影」が多い昨今、
安堵感や懐かしさが強く伝わる作品です。

メッセージウィンドウをメインウィンドウからはがせるWin95のソフトが、
Vistaでごくごく普通に動作する感激(笑)も味わえました。

二枚のフロッピーディスクに詰まれてこの世に誕生した、
数分間で読み終えられる小さな小さな佳作はいかがでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]