くノ一葵、恥辱の果てに──のサンプル1