「作曲基礎理論~専門学校のカリキュラムに基づいて~」のレビュー一覧

作曲基礎理論~専門学校のカリキュラムに基づいて~
月に憑かれたピエロ
2,052 / 190pt (10%還元)
パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本に続き、今度は専門学校のカリキュラムに基づいた本格的な作曲本を書きました。プロ志望向けの方本格的な電子書籍です!
体験版
  • 販売日: 2013年06月07日
  • 販売数: 651
  •     
  • (103)

オススメ!こういう形式もいいんだねェ・・・って

2018年07月14日   けむくさん さん

このレビューは参考になった x 0人

音楽の理論本は以前からちょこちょこと軽めのものを買い続けてきたのだけれど
先日、わりとどっしりとまとまったページ数のものを買った。総仕上げっぽくね。
そっちもいいよ。
でも
オレにはこの本のほうがよかったなァ・・・。
まあ、相性もあるよね。俺が知りたかったことにちょうど答えてくれてるんだもん。
もちろんこのボリュームだから他の人が知りたかったことにもちょうど答えてくれてるってことにもなる可能性は高いんだろうけど・・・。
PDF形式ってのもいいんだな。ページとページの間がとぎれてなくて。
普通の本とか電子書籍って
重要な部分がページをまたぐと行ったり来たりペラペラと大変だもんね!
よかった。今回、偶然このサイトのこと知って。
キャンペーンで安かったし!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!基礎から応用までしっかり理解出来る

2018年06月27日   まっつん♯♯ さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

基礎的なコードやスケールに関する知識から応用まで押さえられており分かりやすく書かれています。

私自身、音楽理論を多少理解した上で作曲をしていますが、自身が理解していない技術は当然自分の中にインプットされていないので作曲する際に思いつくことがなく、既存の楽曲を分析しても「どうしてこのような進行になるのだろう」と理解できない部分があり、自身の音楽レベルが頭打ちになっていました。
この本を理解し、知識のインプット(楽曲研究)とアウトプット(作曲)に励めば、自ずと自身の作曲レベルが上がっていくようになっています。

また、楽器が弾けなくてもDTMで作曲は出来ますし、私自身、楽器演奏はお世辞にも上手とは言えませんが、弾き語りで多少コードに慣れていたことと、ハノンのスケール練習でスケールを指で理解していたことで基礎的な音楽理論の理解は早く済みました。
演奏技術に自信がある方はともかく、全く楽器を触ったことの無い方は本書で登場するスケールやコード進行は是非毎日弾いて体で覚えた方が手っ取り早いので、本書と合わせて安価で3オクターブ程度でも良いので鍵盤楽器などを購入することをお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!広範囲かつなかなか深い

2017年07月12日   プーランク大好きマン さん

このレビューは参考になった x 1人

レビュアーが選んだジャンル :

作曲の世界は技法やテクニックなど、山のようにありまして、多岐にわたるジャンルも含めれば小宇宙並みの芸術分野です。(大袈裟かもしれない)

私は大学で作曲を専攻してます。現在三年目。例の芸大和声3巻、読みました、解きました。その他和声に限定せず作曲本いくつか読みました、解きました。(と言っても所詮8冊とか)

そんな私、この本を激しめにおすすめしますよ。この和音ならこういうスケールが使えるな…この音はアヴォイドだからテンションには含められないな…この和音のときこのスケールはあんましっくりこないからこれを使ってみよう…オアッッしっくりきた!? こういうことを恥ずかしながらこの本を読んで初めて意識しました。

と言っても、こういうこと具体的に書いてる本を持ってなかったんです。作曲専攻に入っていながら、恥すら感じました。スケールの知識とか7倍くらいに増えました。

この本は広範囲かつそこそこ深く学べます。さらに学びたい分野については、その分野の専門書などでより知識を深める、そんな感じでこの本はかなり広範囲の作曲知識の土台になります。最低限の楽典くらいは学んでおいた方が良いことは言っておきますよ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!大変感謝しております!

2017年06月08日   理論初級人 さん

このレビューは参考になった x 0人


理論が知りたくて、あれこれいろいろ購入し読んでみましたがよくわからず、この「作曲基礎理論~専門学校のカリキュラムに基づいて~」を読んでいろいろようやく理解することができました。

購入してから、まだ3ヶ月で、現在「メロディック マイナー」のところまできました。短調の勉強は避けてきましたが、いかに重要かということに気づかせてもらいました。

また「汎用アレンジ~専門学校のカリキュラムに基づいて~」の発売もあり早速購入させていただきました。

はやく理論編をやり抜き、アレンジ編に進みたいと思っています。将来的に「楽曲分析の方法」みたいなものも出たらいいなと思っています。よろしくお願いします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!著者の人柄が好きです。

2016年01月08日   ふーじー さん

このレビューは参考になった x 3人

著者の作曲レッスンと、ほぼ同時に購入しました。

私は、無料電話相談で著書と実際に話して、誠実で信頼できる方だと思いましたので、レッスンの受講を決め、教材を購入しました。

・返信がはやくて、丁寧
・私の要望に、できる限り答えようとしてくれているのが伝わってくる親切さや、一生懸命さ
・「プロとしてやっていきたい」という要望に、厳しめな指摘でもはっきりと仰って頂ける誠実さ

そんな著者を尊敬しているのですが、そんな著者のあり方が、そのまま表れている教材だと思います。

お勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめします

2014年09月05日   choice さん

このレビューは参考になった x 2人

とても分かりやすく内容量の多い書籍です。
コラムやアドバイス的なものがたくさん書かれてあって、それがとても貴重で有り難いと思いました。
値段も安いと思いました。
こつこつ地道に進めていけたらと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!内容ボリューム満天!!

2014年08月25日   阿部秀和 さん

このレビューは参考になった x 2人

レビュアーが選んだジャンル :

基礎を勉強をしてみたいと思い購入しました。
内容はボリューム満天で基礎から身に付くと思います。
これから一生懸命楽しみながら読みたいと思います。
是非、理論に迷っている方は購入をオススメしたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!素晴らしいです

2014年08月15日   rockdreamer さん

このレビューは参考になった x 2人

音楽理論を中途半端に学んできたものです。
お世辞ぬきで、これ以上わかりやすく、また
中級以上の知識まで網羅的に書かれている
本はまずないと思います。
著者が再三書いているように、”すべての調
におけるスケールの記憶”をすっとばさなければ、
難しい箇所は皆無と思います。

また、ドミナントモーションひとつとっても、これ
以上詳しく書いている本はないでしょう。
「属七ではほぼ何をやってもいい」と感覚的に
わかったつもりになっているレベル(投稿者含め
音楽愛好家の相当部分では?)から、エンハー
モニックを迷いなく記譜できるようになります。

また、コードスケールについても、今までは、即興
演奏以外に特に役立つことはないと思っていた
のですが、著者のいう「調性のゆれ」を完全に
コントロールするために必要な知識だったという
ことをはじめて知りました。
このことを、”さりげなくではなく”、初級者にも
明確にわかりやすく述べた本は初めてではない
でしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!内容も充実しているのに読みやすい!

2014年07月25日   ビッケ さん

このレビューは参考になった x 1人

内容がとても充実しているのに読みやすくわかりやすいです。

書店で売っている理論書よりもオススメでこれ一冊あればかなり勉強になるのではないかと思います。

かなりしっかり細かい所までフォローされているので、じっくり、ゆっくり確実に勉強して行けばよいでしょう。

基礎の大切さも強調されていて、課題や実際に弾いてみて理論を自分の中にしっかり吸収させる事が大切なんだなと感じました。

コラム等も作曲の知的好奇心を刺激して読んでいて楽しい。

プロになりたい方やしっかり音楽を勉強したい方にはオススメの一冊です!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!素晴らしいの一言

2014年07月12日   ぽぽんM さん

このレビューは参考になった x 2人

素晴らしいの一言です。

 基礎的な知識の整理から始まり、かなり発展的な内容も扱ってあります。 特にスクリャービン、ドビュッシー、果ては12音技法まで扱われているのには驚きました。 また、実際に著者は職業作曲家であることから、作曲家の観点からの指摘は非常に示唆に富みます。 

 さらに本書が優れている点として、どこが重要で、どの点については暗記しなければならないか明確であることも挙げられます。 特に初学者の段階では基礎的な知識(度数、スケール、ダイアトニックコードに関する知識)をないがしろにしがちですが、覚えるべき点については何度もその重要性が強調されており、真剣に音楽理論を学ぶ人にとっても実用的であると思います。

 市販のポピュラー音楽理論本とくらべても、今まで買ったどの本より素晴らしいと断言できます。 イチオシです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

同人作品おすすめ特集

最終更新日:10月13日