「銀色のヴァルキュリア」のレビュー一覧

銀色のヴァルキュリア [GOMA塩]
デジタルノベル
銀色のヴァルキュリア
GOMA塩
972 / 90pt (10%還元)
1938年の欧州を舞台に繰り広げられる伝奇アクションストーリー。 妖しげなナチスの組織相手に主人公たちが立ち向かいます。
体験版
伝奇
  • 販売日: 2009年03月06日
  • 販売数: 6

かなり正統派なバトルもの

2010年04月06日   熊くじら さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 1人

レビュアーが選んだジャンル :

二次大戦寸前の欧州を舞台にした異能力バトルもの。伝奇要素も入った物語。
好みはあるでしょうが、絵はかなりのレベル。私的には中でも男、特におっさんの表情がいいと思います。
物語も展開、配役と王道で、すいすい読み進められます。バトルの描写もなかなか。
問題点は、少しボリューム不足なところ。シナリオ量の割に風呂敷を広げすぎているので、少々展開が急になっています。
あと、ナチスやMI6などの組織は物語を整えるための舞台装置で、絶対的な要素ではありません。
政治的思惑とか、陰謀論とかは関係のない、純粋なバトルものです。熱い展開好きの人、複雑な話が苦手な人にもおすすめ。
…最後、まさかトラペゾヘドロンを出しくてくるとは予想外。無貌の神さん、いつもお疲れ様です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

同人作品おすすめ特集

最終更新日:3月31日