DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 Re:soundフォローする
販売日 2018年10月27日
シリーズ名図書室お化け
シナリオ くろっく
イラスト りる
声優 和鳴るせ / 棗いつき
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
WAV
/ MP3同梱
その他
ジャンル
ファイル容量
335.09MB

作品内容

「また新しく書けたら、私の物語、読んでくれますか?」


≪作品紹介≫

絵本が大好きで図書室に入り浸っている、地味で影が薄い女の子、コヨミ。
図書委員である「あなた」は、いつも本を大量に借りるコヨミに対して興味を持ちます。
一見、地味でネガティヴな女の子。けれど話してみると、お茶目で少し変なところがあったり、ちょこっとおかしな喋り方をするコヨミの明るい部分に「あなた」は惹かれていきます。
文章を書くのが好きなコヨミと、絵を描くのが好きな「あなた」
コヨミの物語に絵を付けると約束します。



「あなたのために、お話を完成させます」

「それが、どれだけ下手くそでも、文章として成立していない、子どもじみたものでも」

「それでも私は、私の物語を、私の気持ちを、私の想いを」

「あなたに、読んでほしい、です!」



……というのが、前作のあらすじ。

あれからコヨミと「あなた」は一緒に作業を進めることが多くなりました。
ある日、コヨミは自分の家で作業をしませんか? と誘います。



「図書室や図書館でもいいのですが、えっと、最近はなんだか……周りの目が、気になるようになったのです」

「い、いえ、確かに、前々から周囲の目は気になっていましたが……」

「人の視線が怖いのは今もですが、そうじゃなくて、そうじゃなくて……」

「あなたと一緒にお話を書いたり、絵を描いたりしている姿、周りからはどう映るのかなって……」



少しずつ、少しずつ縮んでいく二人の関係性。
試しにタメ口で話してみたり、コヨミの妹・シオリに煽られたり……。
けれど二人とも、一歩を踏み出すことが出来ません。



「コヨミお姉ちゃんのどこを好きになったのですかー?」

「……え? なんとなくってなんですかー」

「図書室にずっといるから、なんとなく気になるのは、分かるかもですけど」

「ハッキリしない答えですねー」



やがて完成する物語。
コヨミが一生懸命に書いた「あなた」のための物語。



「最近は、あなたに読んでもらえるのが嬉しくて嬉しくて」

「もっと上手く、お話を書けるようになりたい。そう思うようになりました」

「昔は、上手くなりたいとか、そういうのなかったのに」

「不思議ですね、にひ」



「自分に自信がない女の子」をテーマとしたサークル Re:sound 15作目
絵本が大好きな少し変な子と綴る、新しい1ページ。


≪POINT≫

・コヨミは喋り方がちょこっと変で少し間抜けな子です。コヨミを演じてくださった和鳴るせ様本人もフリートークで「おかしな子」と言っています。

・コヨミの妹、シオリが登場します。妹だけどコヨミよりシッカリしている、元気な子です。CVは棗いつき様です。明るく元気! を体現しているような声です。試聴版にシオリが喋っているシーンを入れています。

・スランプであることをコヨミに打ち明けるシーンがあります。一生懸命励ましてくれる姿がかわいらしく、もう少し頑張ってみようかな、と元気が出てきます。

・コヨミが作った物語の読み聞かせシーンがあります。こちらが本編と言っても過言ではないくらい良い話で泣きました。

・絵本が物語の軸なので、アナログが得意なりる様にジャケットを描いて頂きました。

・コヨミが嬉し泣きしてしまうシーンがあります。和鳴るせ様の演技力が炸裂しているシーンです。



◇ トラックリスト ◇


シーン1 つづきの1ページ (5:18)

シーン2 コヨちゃんお悩み相談室 (11:21)

シーン3 私の家に来ませんか? (5:12)

シーン4 コヨミの妹、シオリ登場! (9:14)

シーン5 図書室お化けの部屋で (11:18)

シーン6 また明日 (3:36)

シーン7 『おやすみアストレア』 (21:12)

シーン8 特別な存在(9:18)

シーン9 あなたと綴る1ページ(2:55)

計79分24秒

おまけ
和鳴るせ様のフリートーク
棗いつき様のフリートーク


当作品の著作権はRe:soundが所有しております。
転売、再配布、二次使用、複製、譲渡等の行為は固くお断り致します。


CV 和鳴るせ様( http://ruse3.kinugoshi.net/ )
   棗いつき様( http://itukingdom.web.fc2.com/ )

イラスト りる様( https://twitter.com/ril_mith )
台本 くろっく( https://twitter.com/clock_26eu )

図書室お化けの恋物語 -あなたと綴る1ページ-の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「図書室お化けの恋物語 -あなたと綴る1ページ-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

メガネ(2) 姉妹(2) ほのぼの(2)
おすすめ!守りたいこの笑顔っ...!!

2018年11月12日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

本作では、前作の最初の頃のオドオド、コヨコヨした感じは若干薄れて、代わりに少し積極的になったコヨちゃんの新たなかわいい面を前作以上にたっぷりと見ることができて幸せでした!
本作だけでも十分コヨちゃんの魅力は伝わると思いますが、前作と合わせて聴くと、より愛着が沸くのは間違いないですね。

コヨちゃんに悩みを聞いてもらうトラックが、個人的にはとてもお気に入りです。
案外、切り替えが早かったり、楽天的なところのあるコヨちゃんのにへっとしたおしゃべりを聞いていると、自分の悩みもどこかに飛んでいってしまう気がします。笑

棗いつきさん演じる妹のシオリが出てくるシーンもほっこりした気持ちになれて良かったです。
是非コヨちゃんのかわいさについて語り合いたいですね...笑

本作の目玉は、なんといってもコヨちゃんが書き上げた物語を朗読してくれるトラックだと思いますが、物語の内容が素敵なことに加えて、和鳴るせさん演じるコヨちゃんの朗読にとても引き付けられて、じっくりと聴き入ってしまいました。
絵本として完成した「おやすみアストレア」が読んでみたくなってしまいます...!

和鳴るせさんの愉快なフリートークでは、コヨちゃんについてじっくり語ってくれていて、ますますコヨちゃんを好きになってしまうこと請け合いです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!続編、そして結末。

2018年11月07日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

前作がとても気に入ったので購入しました。続編が出るとは思っていませんでしたので驚きました。

コヨミちゃんと主人公の関係が、その後どうなっていったのか、その結末まで聞くことができて、そしてそれが幸せなもので、とても癒されました。
コヨミちゃん、シオリちゃんのリアクションから、セリフの無い主人公の初々しい反応が感じ取れるのが個人的にツボです。

Re:sound様の掲げる「自分に自信がない女の子」というテーマからは少し離れるかもしれませんが、元気な妹・シオリちゃんをヒロインにした作品も聞いてみたいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

コヨミお姉ちゃんの朗読、最高!

2018年11月06日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]