({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年09月04日
シリーズ名Omegaの視界
作家 閂 夜明 / 天村 血花
音楽 三輪 学 / onoken / 三澤 秋
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
482.02MB

作品内容

『Omegaの視界』制作のねこバナナ(閂 夜明)による
伝奇系ビジュアルノベル『或るファの音眼(おとめ)』最終章です。
四章目となる今作『~くいあらシたむ~(F low er)』の章にて幕間劇がようやく終わります。
onoken×三澤 秋コンビによるエンディングテーマ『phantasm』、
三輪さん作曲のBGMと共に終演までお付き合いいただけますと幸いです。

※今回は特別版として既刊の『COLOR ~色々~』
『interlude 或るファの音眼』(喚起のうた/イカリおさめて/ワレナいオ)
も収録しておりますので、始まりから終わりまで全てをお楽しみいただけます。

-------------------------------------------------------
<あらすじ>
-------------------------------------------------------
幕間劇がようやく終わる。

新設の私立校、麗種(れいしゅ)中学に通う少年、因八(よしや)カイリは、
金城華(きんじょうはな)、その友人、真神因(まかみちなみ)の変節に戸惑いを隠せずにいた。
そんな中、いよいよ文化祭が始まるが、そのさなか響き渡る謎の咆哮。
混乱する現場、消える生徒、立ち現れる謎のチカラ。
そして相争う者達が流す赤き鮮血……

ウタは魔法、ねこは朋。

はじまりのオト、
或るファの音眼(おとめ)。

誰かの都合で開演した劇は、誰かの都合によって終演を迎える、
観客がどう足掻こうと、降りる幕は止められぬ、
舞台の上、舞台の下、
その跡に残るは、

悔い改む者か、
喰い荒らされた惨状の虚無か。

いずれせよ、これがすべて、ゼンコウテイ──

interlude 或るファの音眼 ゼンコウテイの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「interlude 或るファの音眼 ゼンコウテイ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件